読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ 第1話「でたァーッ!竜の子キング」/第2話「集まれ!新たな戦士たち」

www.youtube.com

韓国で社会現象レベルにまで人気を博した『パワーレンジャー・ダイノフォース』*1の続編として作られた『パワーレンジャー・ダイノフォースブレイブ』が、『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』としてついに日本でも配信開始となりました。新たに現れた『ネオデーボス』に立ち向かうため、新たな強き竜の者達『キョウリュウジャーブレイブ』が立ち向かうといったストーリーになっています。

キャストこそ韓国人が起用されていますが、制作スタッフはスーパー戦隊シリーズのスタッフとなっているので純粋なスーパー戦隊の派生作品として楽しめます。1話が12分と短い(日本の30分番組をちょうど半分にした長さ)ので展開がかなりスピーディーなものの、その中でも各キャラの個性をしっかりと描写していますし、予算の都合かバイオマンみたいに幹部が戦闘員を引き連れ巨大戦はロボに任せるスタイルがこの短さだとちょうどいいですね。

*1:アメリカのパワーレンジャーシリーズとは別で、キョウリュウジャーの韓国語吹き替え作品。

アイカツスターズ! 第52話「狙われたアイドル!?」

アイカツ!」時代にはあまり見られなかった、主人公が先輩となって後輩を指導する描写が見られたのが嬉しいですね。ゆめ達が確かに成長している証ですから。いちごはあかりに対して先輩というより目標として立っていてマイペースにアイカツしていましたし。

ところで今回はラストに小春が登場しました。どうやらエルザに四ツ星学園の事を教えたのは彼女らしいですが、彼女はどの様な考えでその事を教えたのか気になります。

Room Mate 第1話

アニメとしては珍しい、一人称視点で話が進行する作品です。どうやら前期に『One Room』という作品があり、そちらは女性キャラが話しかけてくる形になっていたようです。今作は逆に男性キャラが話しかけてくる形になっています。

……しかし、3人のうち1人がほぼ全裸で登場するとは思いませんでした。いいのかそれは!?

喧嘩番長 乙女 第1話

スパイク・チュンソフトのゲーム『喧嘩番長』の乙女ゲーム化作品『喧嘩番長 乙女』のアニメ化作品です。乙女ゲーとして見ると珍しい(と思われる)、不良の集う高校に訳あって代理で入学した主人公(男装した女の子)と不良達の物語のようです。

原作(と更にその原作)は未プレイですが、主人公が何故代理入学する事になったのか、女の子でありながら不良のケンカにも物怖じしないどころかパンチを避けられるという身体能力を何故持っているのか、色々と気になる要素があって惹かれます。

フレームアームズ・ガール 第2話「飛べないスティ子はスティ子でいいのかな?/お掃除するぞ!」

轟雷にそういう気が無いとはいえ、スティレットとガッツリキスするとは……。なおあらすじとしては「スティレットが飛べなくなり、原因が轟雷との戦闘のトラウマかもしれないとして克服しようとする」というもの……だったはず。

アニメは女の子しか登場しないみたいですし、スティレットも轟雷へのライバル心がひっくり返って恋愛感情に近いモノになってるっぽいですし、こう『狙ってる』感が強い印象を受けます。まあ、フレームアームズ・ガールはMS娘から連なる『ロボ+女の子』という萌え路線なものですし、ターゲット層はその辺りが好きなヲタを想定しているのでしょう。あるいは赤尾でこの仕業か。