星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

アクションヒロイン チアフルーツ 第5話「ぷろじぇくと・ぶる~」

タイトルの元ネタがわかる人はどのくらいいるんだろう。

今回は元気の双子の姉である勇気の話です。元アイドルですが上手くいかずに実家へ戻ってきた彼女ですが、チアフルーツの活動を目にして情熱を取り戻しメンバー入りしました。

その心境を「こころのタマゴ」と表していたのですが、どう考えても荒川さんが初めて書いた戦隊のエンディングから取ってますよね?

鳥人戦隊ジェットマン VOL.1 [DVD]

鳥人戦隊ジェットマン VOL.1 [DVD]

魔法陣グルグル 第4話「おでかけ!修行ハウス!」

闇の結社の総裁が石田彰さんですが、原作を知っているという事を除いても他の石田彰ヴォイスキャラと比べて胡散臭さは……別ベクトルでありますね。でもあのイケヴォで「おならぷう」は卑怯だ! そして名物レギュラーキャラ『ギップル』は櫻井孝宏さんですが、珍しくかなり高めな声で意外とハマっていました。

ところで今回はゲルニ大陸に渡り、ククリとニケの修行半ばまでが描かれていましたが、シーンのカットや改変・短縮がかなり見られました。ストーリーに大きな影響を与えるものではないですし、代表的なギャグは押さえていたのでそこまで問題ではありませんが。でもジュジュの「おならぷう」は見たかった。

アイドルタイムプリパラ 第18話「グランプリ! 勝利へのエスコート」

第2回グランプリの開催です。今回はゆいとにのとミーチルみちるの三人による対決ですが、前回の事もあってか今回はにのが優勝しました。その事によりファララが降臨、アイドルタイムコーデを手にしました。

しかしその際にダンプリのアイドルがエスコートをするというめが兄ぃからの計らいがあって驚きました。コーデ入手へ繋がっていたのでしっかりとCGモデルで描かれていましたし、もしかしたら今後ダンプリもCGによるライブの可能性が?

これで今回は終わりかと思いきや、ファララにそっくり(色違い)の女の子が現れたり、ゆい達4人がめが姉ぇから「出て行ってもらいます」と言われたり、次なる展開を予感させる引きでした。また追放か、と思いきや次回予告を見た限り全国行脚でもするのでしょうか。

アイドル:タイム!!

アイドル:タイム!!

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第42話「我々はネジである」

突如メイド達がネジル達の実家でもある城を乗っ取ったという話でした。

ボキャバトルに負けたネジルは捕まったエトボキャボットのネジを使って奇跡を起こす……って、何だこのうたプリみたいなアイドル路線は!?

宇宙戦隊キュウレンジャー 第23話「俺様の盾になれ!」

ツルギがかつてドン・アルマゲと戦った時の事が明らかになりました。

仲間達の犠牲があり、一度は手にした不老不死の力をなげうってようやく倒したという経験があったからか、ツルギは「目的のためなら必要な犠牲があって当然」という思想を持っています。しかし全宇宙を救おうとするラッキーは当然そんな犠牲を許すはずがありません。そして「一人で出来る」と豪語するツルギと、「独りで出来ない事でも、仲間がいれば出来る」と信じるラッキー。何から何まで対照的ですが、ジャークマターを討ち倒すという目的は同じ。

今回は合わない状態のまま共闘していましたが、そんな二人がどの様にして手を取り合うのかが次回の見所ですね。

仮面ライダーエグゼイド 第41話「Resetされたゲーム!」

グラファイトとの決着と、リセットへの対抗手段の制作が同時進行していました……が、片やシリアスなのに片やコントという温度差が酷い!さすが新壇黎斗。

しかしその苦労あってリセットに対抗する機能『セーブ』によって状況を保存する事に成功、再びクロノスを攻略しました。グラファイトもブレイブとスナイプという好敵手と全力で戦えた事に満足して散っていき、ついにラスボスのゲムデウスが降臨です。

いよいよ望んでいた最終決戦ですが、次回予告を見た限りゲムデウスの登場は同時に世界の危機に繋がるという事でもあるようです。

キラキラ☆プリキュアアラモード 第25話「電撃結婚!?プリンセスゆかり!」

キラパティに突如現れたナタ王子がゆかりにプロポーズ、それを止めようとあきらが活躍するという、綺麗なまでに三角関係な話でした。

それと同時にゆかりが初めて本音で弱い一面を吐露、周りは『完璧なゆかり』を見ているのにいちかやあきらは『そのままのゆかり』を見ている事が逆に苦しいと口にします。それでも真っ直ぐに見つめ続けるあきらに嬉しさを感じるゆかり……とても熱い友情、というかこれ惚れてても誰も文句付けられませんよ!おかげで今回初めて出撃したエリシオの印象が消し飛んでしまいました。

過去にはセーラームーンで同じように深い絆で結ばれていたはるかとみちるというコンビもいましたし、今作の二人はそれを意識したかのようなネタがちりばめられていますし、やはりこのカップルはいいですね。

ウルトラマンジード 第4話「星人を追う仕事」

リクの幼馴染みであるモアが初登場です。シャドー星人ゼナとコンビを組んで異星人を捜査していますが、何かとドジばかりの印象が目立ちます。~~ヒロインに相当するキャラが二人もいるとは……え、ペガも含めて三人?~~~

今回は逃亡するピット星人とそれを追うエレキングが登場です。今作はセブンに登場した宇宙人や怪獣がメインを張ってたり序盤の相手になってたりするのが、セブン好きとしては嬉しいです。とはいえモアのパートナーとなってるシャドー星人は、リクのパートナーとなっているペガッサ星人とは異なりかつて純粋に地球侵略を行っていたので、何か裏があるんじゃないかと勘ぐってしまいます。今の所そういった素振りは見られませんし、今回のピット星人みたいに地球人と同じく個体によって思考が異なるのが近年のウルトラシリーズの特徴でもあるので、杞憂かもしれませんが。