星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第21話「時をバグるピコピコ」 ヘボットがボキャ美の持ってきた……というか『ファミコンディスクシステムキャミコンディスクシステム』という別ボディとしてやってきてやらせたゲームに夢中になってたため、ネジルが勝手にネジを挿したら現実世界…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第20話「ヘボ流・キッチンバトル!?」 辰のエトボキャボットによる跡継ぎ争いにヘボット達が巻き込まれて何故か料理対決をする、という話でした……「ボキャバトルで決着つけろよ」というツッコミはもはやこの作品に無意味。 審判は山岡士郎ネジ王…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第19話「ヨロシク、湯煙ロクンロー」 前半寝坊で見過ごしました……。 午のエトボキャボットが登場、かつ温泉に行ってそこで発生した問題に巻き込まれるとの事でした。 前回もそうでしたしヘボ子状態の時でも片鱗が見えていましたが、ヘボット役の…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第18話「ネジル学校に行く」 タイトル通りの話でしたというか王子とはいえ今まで学校に行かなくてよかったのか。ついで?にヘボットも何故か教師として働いていました。 どうやら目的は成績優秀だと貰えるネジがほしかったようで、ネジの発生源を…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第17話「ネジささる、ゆえにヘボあり」 冒頭から誰だかわからないレベルで原形を留めていない偽者ごっこをするとか高等すぎるギャグですわ。しかも今回はヘボットの玩具に関するかなりメタい話に、お約束の偽者話を混ぜたものでした。だから冒頭…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第16話「キケン!ボキャ美のターン」 朝食の好みの違いを発端にヘボットとネジルがケンカしてしまい、その隙にボキャ美がヘボットを自分のものにしようとした話でした。朝食がいもチン尽くしじゃ、そら怒るわな。 まあ、何やかんやあって互いの絆…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第15話「ネジが島クロニクルの巻」 島の外から来た探偵村上春○春風ムラキがネジルとヘボットと出会い、島の秘密について探るという話でした……一応。大体の予想通り、二人を始めとした島のカオスに振り回されて色々酷い目に遭っていました。 しか…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第14話「ヘボヘボ漂流記!?」 秋に始まったばかりなのに『年末恒例』……? 冒険したくなってたヘボット達が、色々あって海に進出した結果漂流してしまい、未知の島に漂着するという事態に。しかもそこでは海賊に襲われ、絶体絶命のピンチに陥った…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第13話「ジョリポロリ」 本人達も忘れていたネジ屋への依頼で報酬のためダンス施設を建てて普及するために東奔西走する話……からの、前述の事が全て詐欺だと判明、今度は色々取り戻すために東奔西走する話でした。 タイトルがぱっと見だと意味がわ…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第12話「ヘボットのアレがはれた」 どういうわけかヘボットのゴールデンボールスイッチ部分が大きく腫れ上がるという事態が発生。それと同時にモエカストリオとのボキャバトルで敗北し、主役の座を奪われる始末。どっちか片方だけで十分成立する…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第11話「奇怪・呪螺子島」 ノロノロネジという呪いのネジによって、島中の人々がノロノロした状態になるというゾンビパニック的な話でした。 これまでの話に比べると割と普通……と思ったら、ノロノロになった人々を元に戻す方法が何故か「タマタマ…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第10話「土星は地獄だ!」 次のエトボキャボットはヘビモチーフの消防士ですが、姿がとぐろを巻いているため何かとブリブリ*1扱いされる始末。正直予想できた。日曜の朝に起きて最初に見るアニメがコレというのが本当にもう。 ところで劇中に出て…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第9話「ヘボットは赤ちゃんバブ」 ネジルのお世話をしたくなくて赤ちゃんを演じるようになったという話です……って、何らかの不思議な力が働くとかそういうのじゃないんかい! そんなヘボットや自分の子供達を育てる『子連れ破壊王』こと『ダディ…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第8話「決戦!ノリノリヶ島!」 突如王国民や国王が頭の悪いノリになってしまい、ネジを手に入れるついでに助けるためネジルとヘボットがノリノリ島に乗り込むといった話でした。油断するとすぐ関係ないギャグが挟まれるから話の筋を忘れそうにな…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第7話「ヘックションでフエフエのヘボ」 しゃっくりが止まらずネジを吐き続けるフエールがネジ屋を訪れ、それを解決しようとする話……ですが、その量が尋常じゃなく、最終的に宇宙を埋め尽くすレベルになっていました。ギャグアニメに「出来ない」…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第6話「激走!ボキャバトルレース」 パロディ数が加速度的に増えていってツッコミ放棄せざるを得ない。 ヘボット達がボキャバトルレースに参加する話でした。目的が違うからそれぞれ別に参加したネジルとヘボットとか、正直どうでも良くなるほど…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第5話「ヘボット、いなくなったってよ」 ヘボットに恋する残念な少女『ボキャ美』の登場です……といっても今回はタイトルの通り(?)ヘボットが誘拐されて起こる騒動の方がメインでした。 しかしシーンの切り替え時にいちいち無関係なネタが挟ま…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第4話「ヘボ流・ネジタネの育て方!」 先週の記事の内容一部撤回、今回モロにトトロやジョジョ(立ち)やスターウォーズのパロディを入れてきやがった! しかもネジ王が井上和彦さんだからと美味しんぼパロディまで入れてくる始末。駄目だこのア…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第3話「コワコワ~、はじめてのコワ話」 前回も脇役状態で登場したヒロイン候補のカスリーナおよび脇役熱血系キャラのモエルが本格的に登場です。扱いは色々と酷いですが! この作品のキャラだからヒロイン候補だろうと容赦なく変顔しますし。 し…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第2話「ネジ屋対ボキャリーマンズ!」 ひっきりなしにネタを突っ込んでくるスラップスティックな雰囲気と耐えない顔芸で、朝からガンダムUCとは別の意味で見るのになかなか体力が必要ですね……! 更に露骨な販促すらもギャグにする強さやメタネタ…

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第1話「ヘボッとうまれて屁・ボーン!」 予告や公式ページを見てわかってはいましたが、それでも一言言わせてください。 下品じゃねーーーか!! この作品はバンナム(バンダイ)とサンライズとコロコロの共同制作であり、雰囲気は完全にコロコロ…

ニチアサキッズタイム

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第22話「帰還」 『ラプラスの箱』を巡る戦いは終わり、連邦が今まで隠し続けていたものを明るみにして、それでもオードリー(ミネバ)は可能性を信じる。人ではない『何か』になりかけていたバナージも帰りを待つ人達の元へと帰…

ニチアサキッズタイム

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第21話「この世の果てへ」 ラプラスの箱を巡り、ついにバナージとフロンタルの激突です。ネオジオングの脅威をそれでもしのぎ、フロンタルとの共鳴から見た宇宙世紀の戦争の歴史を見てもそれでも人の心を信じ、フロンタルの抱え…

ニチアサキッズタイム

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第20話「ラプラスの箱」 『ラプラスの箱』に辿り着き、そこで明かされる『世界』の真実が宇宙世紀の歴史の生き証人とも言えるサイアム・ビストによって明かされました。 地球連邦がまともに見えていたのは一年戦争の時くらい(あ…

ニチアサキッズタイム

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第19話「再び光る宇宙」 マリーダの死と、それに感応した人々のそれぞれの想いと、ガンダムらしい展開でした。 しかし宇宙世紀の時代的に、ファンネルとして扱われるシールドはユニコーン本体同様脅威ですね。νガンダムのフィン…

ニチアサキッズタイム

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第18話「宿命の戦い」 ここにきて新規OPだと……!? リディが妄念に取り憑かれて色々見失っていているのが本当に痛々しいです。 動物戦隊ジュウオウジャー 第25話「アンハッピー・カメラ」 大和達が写真の中に閉じ込められ、反り…

ニチアサキッズタイム

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」 ネェル・アーガマを乗っ取っていた袖付きを撃退し、ガランシェール隊がマリーダの活躍もあって裏切り、バナージ達の反撃が始まるといった様相ですね。 しかしジンネマンとマリーダの絆が素晴ら…

ニチアサキッズタイム

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第16話「サイド共栄圏」 狙ったわけではないのに、今日という日(都知事選投票日)にフロンタルの演説シーンが入るとは。 しかしオードリーが言っていたように、自身の考えを持って行動していないフロンタル。自分でも『器』と称…

ニチアサキッズタイム

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」 各陣営の思惑が入り乱れているため、曲がりなりにも陣営が連邦であるバナージおよびネェル・アーガマがガランシェールと協力し、それを連邦軍のゼネラル・レビルが襲撃するも袖付きがネェル・アーガマ…

ニチアサキッズタイム

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」 自分の境遇の辛さをユニコーンや他者のせいにしているとしか思えないリディが哀れ……。もちろん本当にリディ自身のせいではないところもありますが、悲劇の主人公ぶってる姿勢は良くない気がし…