読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

Ubuntu 12.10をUSBメモリにインストール

Linux Ubuntu

USBメモリUbuntuブートローダごとインストールすれば既存のPC環境を汚さずに済むので、その手順をまとめてみました。

Live CDの用意

  1. イメージファイルを入手する
  2. イメージファイルからインストールメディアを作成する
  • 主に以下の二つの方法がありますが、やり方は割愛します。特に前者は様々なソフトがあるので、一概にこれと言い切れませんから。
    • イメージファイルをDVDに焼く*1
    • 別のUSBメモリにイメージファイルを書き込む

UbuntuのLive環境の起動

各PCによって差はありますが、BIOSの設定で起動優先順位でインストールメディアを最優先にすればUbuntuのLive環境が起動します。

Ubuntuのインストール

  1. 「インストール」→「Ubuntuをインストール」
  2. 「インストール中にアップデート~」にチェック
  3. パーティション分割
    • ここでは「/dev/sda」にUSBメモリがマウントされているとする
    1. /dev/sda1を選択 → 「-」ボタンを押下してフォーマット
    2. /dev/sda内を以下のように構成する
    1. ブートローダのインストール先に/dev/sdaを選択
    • マウントの最上階層を選択する
  4. 画面に従ってインストールを実行する

Ubuntu日本語Remix環境のインストール

  1. 端末を起動する
  2. 以下のコマンドを順次入力、実行する
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/quantal.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
  1. 電源アイコン(歯車)を選択し、「システムの設定」を開く
  2. 「言語サポート」を開く
  3. 「メニューとウインドウの言語」に「日本語」が含まれていなかったら、「言語のインストールと削除」を選択し、日本語のパッケージをインストールする
  4. 日本語パッケージのインストール後、「メニューとウインドウの言語」の「日本語」の項目をドラッグして最上位の位置にする
  5. 以下のコマンドを入力し、実行する
sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

インストール完了

お疲れ様でした。これで既存のPC環境を汚さずにUbuntuがインストールできました。
私の方では試す事が出来ていませんが、USBメモリから起動できるようにすればどのPCでもUbuntuが起動できるはずです。

ToDo(出来れば書いておきたい事)

参考資料

USBメモリにUbuntuをインストール - yunoyaの日記
Ubuntuの日本語環境 | Ubuntu Japanese Team

BUFFALO USB3.0/2.0用 USBメモリー ブラック 16GB RUF3-K16G-BK

BUFFALO USB3.0/2.0用 USBメモリー ブラック 16GB RUF3-K16G-BK

*1:12.04までCDに焼けるサイズでしたが、12.10からDVDでないと焼けないサイズに増えました