読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

Ubuntu Server 12.10 インストールと設定 (1)

Linux Ubuntu

Ubuntu Serverのインストール方法になります。ファイルサーバ立てたりWebサーバ立てたりしてアレコレやるための導入としてメモ。

Ubuntu Serverのインストール

  1. Languageは「日本語」を選択
  2. Ubuntu Serverをインストール」を選択
  3. インストーラの翻訳が完全ではない旨のメッセージが表示されるが、「はい」を選択
  4. 「場所の選択」では「日本」を選択
  5. 「キーボードの設定」では「日本語」を設定
    • レイアウトは適宜自分の使用しているキーボードに合わせて変更(通常は「日本語」で問題なし)
  6. ネットワークの設定が自動で行われる場合、自動で設定が完了し次の画面に遷移する
    • サーバ用途なのでIPアドレスは固定するため、「戻る」→「ネットワークを手動で設定」を選択
  7. IPアドレス、ネットマスク、ネームサーバアドレス、ホスト名、ドメイン名を設定
    • ホスト名は自由に名前を設定していい
    • ドメイン名は外部に公開する場合は決められた名前を使用し、ローカルでしか使用しないなら設定しなくていい
  8. ユーザ名とパスワードを設定
  9. ホームディレクトリの暗号化はお好みで
    • 暗号化すると盗難等の時に安全だが、システムが破損した場合のデータ復旧が困難になる
  10. 時刻の設定はネットワーク接続されていれば自動的に行われる
    • タイムゾーンの確認のメッセージが出てくるので、「Asia/Tokyo」になっている事を確認して「はい」を選択
  11. ディスクのパーティショニング
    1. 「手動」を選択
    2. インストールするドライブを選択
      • 接続インタフェース(SCSI等)やドライブの容量などが書かれている項目を選択する
    3. 選択したドライブのパーティションが削除される旨のメッセージが表示されるので、問題が無ければ「はい」を選択
    4. 「空き領域」→「新しいパーティションの作成」を選択
    5. 以下のように設定する(一つずつ、終了時には「パーティションのセットアップを終了」を選択)
    6. 「パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み」を選択
      • 確認のメッセージが表示されるので、問題が無ければ「はい」を選択
  12. プロキシを設定(必要な場合のみ)
  13. 「taskselを設定しています」ではシステムの自動アップデート設定を行う
    • 手動でアップデートする場合は「自動的にアップデートしない」を選択
    • 自動でアップデートしてもらう場合は「セキュリティアップデートを自動的にインストールする」を選択
  14. サーバにインストールするソフトを選択
    • 必要に応じて選択するが、「OpenSSH server」を選択しておけばリモート接続が可能になるので推奨
  15. ブートローダのインストールで「はい」を選択

インストール完了

これでUbuntu Serverのインストールが完了しました。次はSSH接続設定です。

次回に続く

Ubuntu Magazine Japan vol.07 (アスキームック)

Ubuntu Magazine Japan vol.07 (アスキームック)