星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

Zshの使い方(2) シェルオプション・シェル変数・環境変数

シェルオプション

Zshの動作を指定するものには「シェルオプション」と「シェル変数」があります。シェルオプションは以下の形で指定します。

setopt [-m] ShellOption
  • 「ShellOption」に指定するオプションの記述は大文字小文字の区別が無く、またアンダーバーも省略可能
  • 「-m」はsetoptコマンドのオプションで、「ShellOption」に文字列パターンを記述すればそのパターンに一致するオプションすべてを有効化する

また、無効化する場合は以下の形で指定します。

unsetopt [-m] [ShellOption]
  • 使い方はsetoptコマンドと同様

シェル変数

そのシェルを実行している間(端末を開いている間)有効になっている変数を「シェル変数」と言います。シェル変数はシェルが終了する(端末を閉じる)と無効になります。シェル変数は以下の形で指定します。

VERNAME=xxx
  • 「VARNAME」にはシェル変数名、「xxx」には変数に代入する値を記述する

環境変数

シェルを終了しても有効のままである変数を「環境変数」と言います。環境変数は以下の形で指定します。

VARNAME=xxx
export VARNAME

または

export VARNAME=xxx
  • 一度シェル変数として指定した後に「export」コマンドで環境変数にする方法、最初から環境変数として指定する方法の二通りある

zshの本 (エッセンシャルソフトウェアガイドブック)

zshの本 (エッセンシャルソフトウェアガイドブック)