星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話「I never seen such a beautiful custle」

放送開始から一週間もしないうちにアイドル並に武内Pが人気を得ていました。やはりギャップか……!

今回からOPが付きました。OPの構成はアニマスと同じ様なパターンで、メインキャラによるダンスとライブシーンの組み合わせですね。アニマスのOPは聞いていて心が震えましたが、今作は果たしてそうなるのか。

本編では本田美央が加入し、他の主要メンバーも顔合わせをして本格的にプロジェクトが動き出します。第1話同様脇役で他のアイドルも登場したり、ちひろさんやトレーナーさんも登場したり、本格的にモバマスっぽさが出てきました。その一方で挿入歌として歌が流れるアニマスの流れも受け継いでおり、アイマス作品だというのを改めて実感します。

アイドル達の芸歴やスキルは千差万別で、既に大活躍してるアイドルも多いですね。原作のステータスがイコールではない様子。あるいは一足お先にゲームで言う合成を済まして強化されてるのかも?

それと、原作のカードでのポーズ=宣材写真なんですね。という事は、高レアのイラストは写真集とかそんなイメージでしょうか。

それにしても、各アイドルの声優を覚え切れてないのと、数が多いのとで、未だに誰がどの声なのか結びつきません。まあ、艦これでも同様なんですが。