星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

夜ノヤッターマン 第2夜「ヤッターマンにデコピンを」

前回のカッコよくてシリアスな引きからの「ドロンボー一味らしさを練習する光景」のギャップに吹きました。これを見る限り、決してシリアス一辺倒というわけではなさそうですね。ハードな設定は山ほどありそうですが。

さて、第2話では早速ヤッターキングダムに乗り込んでヤッターマンとメカ対決です。しかし、せっかくのメカで勝利したかと思ったら、何とヤッターマンそのものがメカだった。しかも後になってヤッターマン側のメカ(ヤッターペリカン?)からさながらビックリドッキリメカのように大量に出てくる始末。量産型ヤッターマンという恐怖……

辛うじて逃げる事が出来た三人は、逃げ込んだ家で運命の出会いを果たします。この出会いが果たしてどの様な展開を作ってくれるのか。

しかし、キチンとお約束を拾ってくれて嬉しい限りです。決して不自然ではないですし、むしろヤッターマン側の圧倒的な強さとレパード達の絶望感が強調されて効果的ですね。

ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]

ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]