星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

ワールドトリガー 第15話「ブラックトリガー・風刃」

ジンさんの風刃とサイドエフェクトの予知能力の組み合わせが強すぎる……! もちろんそれを使いこなせるだけの実力も必要ですが、全て兼ね備えているからこそジンさんは強い。

一方の嵐山隊も、苦戦はしつつもトップチームと互角に戦えています。次回更に見所がありそうな。

しかし、木虎の奇襲の予測を噛みつきでイメージするのかい。

トライブクルクル 第16話「ジェイ・エル来日!」

ジェイの来日公演で暗殺者に狙われるという話でした。よく放送できたな……*1。結果としてはハネルが偶然発見、靴を投げつけて阻止するという展開でした。

その一方でジェイのCGダンスが初披露。デザインの関係もあって、凄く生気を感じない……。

さて、実写パートでダンスシーンの制作話が出てきましたが、モーションキャプチャーとCGモデリングの向上のおかげでリアルなダンスシーンが作られているのは素晴らしい。しかし、CGモデルだと迫力に欠ける印象です。アイカツやプリパラ、ラブライブ等のアイドルダンスの場合はそこはさほど重視されてないから問題にならないですが、ストリートダンスの場合はそこが欠けると勿体ないような気がします。ここがTVシリーズでのCGアニメの限界か?

烈車戦隊トッキュウジャー 第45駅「君が去ったホーム」

ここに来て電王と同じ様に『記憶』がキーワードになりました。昴ヶ浜は元に戻りましたが、トッキュウジャーの五人の事は町の人達からはかすれている状態。ライト以外の四人はライトの考えもあってトッキュウジャーとしての記憶を失い、元の子供に戻る。しかしライトはゼットの闇の影響が濃くて戻れない。

いつもの小林靖子脚本な展開……と言うより、戦隊らしい展開ですね。レッドが特別な事情を抱えているのは小林靖子さんじゃなくてもあり得る事。

仮面ライダードライブ 第15話「その想いが届くのはいつか」

チェイスのバイクにもキチンとナンバープレート付いていたんですね……。

さて、ストーカーロイミュードの事件は思わぬ結末を迎えました。パターンとしては「犯人は恋人と思わせておいて実は自分でした」というものでした(ただしロイミュードによる記憶消去があった)が、それと対になってチェイスが記憶を失うという事に。

チェイスが再び記憶を取り戻した時に何が起こるか……。例えば霧子をかばって死んでしまうか、3号ライダーとして覚醒するか。

ハピネスチャージプリキュア! 第49話「愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!」

『愛』を説きながらレッドとドラゴンボールばりの戦闘を笑顔で繰り広げるフォーエバーラブリー……怖すぎました。

そして最後の最後でレッドがブルーの兄だと判明。やっぱり神様周りの人間関係が碌でもない! 浄化して綺麗になったところで惑星レッドを蘇らせるためにレッド・ブルー・ミラージュの三人が地球を去って行きますが、今度はブルーとミラージュのイチャコラに嫉妬心を燃やしそうで不安です。

とはいえ、平和になった後で三幹部の人間の姿が披露されたのは個人的に大きくプラス。是非ナマケルダさんの過去を根掘り葉掘り聞いてください増子さん!

さて、次回からは『Go!プリンセスプリキュア』の開始です。ラストでハピプリからプリプリへのバトンタッチアニメが作られていて驚きましたが、これは毎年恒例になってくれるのでしょうか。

Go! プリンセスプリキュア プリンセスパフュームDX

Go! プリンセスプリキュア プリンセスパフュームDX

*1:2015年1月25日現在、ISによる人質事件の真っ最中