星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ネオ・ウルトラQ 第5話「言葉のない街」

言葉を発さずとも他人の気持ちが理解できるという人造人間『エピゴノイド』を巡る話でした。いわゆる「さとり」系の話ですが、それをロボットの様な存在に当てはめる事で『人』と『人ならざるモノ』の対比を強調していたのがポイントですね。

今回の話もスッキリしない終わり方で、無情な悲しさがありました。切ないのではなく、悲しい。