星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

高橋晃 東映アニメーション プリキュアワークス

高橋 晃 東映アニメーションプリキュアワークス

高橋 晃 東映アニメーションプリキュアワークス

馬越嘉彦さん、川村敏江さんに続く第3弾の東アニワークスはスイプリやドキプリのキャラデザを担当した高橋晃さんです。

自分はスイプリの時は初代プリキュアを意識したようなデザインに見えた*1のでさほど気に留めてはいませんでしたが、ドキプリの時にそのデザインととあるキャラクターのインパクトが強かったので、強く惹かれて気に入りました。まこぴー可愛いよまこぴー。

しかし、決定稿になるまでのデザインの変遷はやはり見ていて面白いですね。スイプリは当初ハトプリみたいな等身が低くてシンプルなデザイン案が提出されていたとか、キュアソードが今と全く印象の異なるロングヘアでつり目だったとか。

今作も満足の一冊です。プリキュアのデザインが気に入っているなら間違いなくオススメ。

*1:ただ、プリキュアの構成はともかくデザインは関係なかったようです。