星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

タワーディフェンス(スマートフォン用ゲーム限定)短評

最近プレイしたタワーディフェンスゲーム(以下「TD」)の短評です。各作品のリンクはGoogle Playのページになっています。

Kingdom Rush / Kingdom Rush Frontiers

  • 評価:☆☆☆☆☆
  • 短評:ルート固定型TDの中では最も面白く、やり応えがあります。序盤はそれほどでもないですが、ゲームが進むにつれて攻めてくる敵ユニットの数がとんでもない事になるのでまさにラッシュ。クリア後に出現するステージや高難度ステージも理不尽な難しさはありませんが、攻略法を把握していなければクリアできない程良い歯ごたえで楽しめます。

Kingdom Rush - Google Play の Android アプリ

Kingdom Rush Frontiers - Google Play の Android アプリ

The Creeps!

  • 評価:☆☆☆☆
  • 短評:ルート固定型TDでタワーを配置する所に障害物が設置されている場合があり、それを壊さなければ配置が出来ないという特徴があります。全体的な難易度は低めでグラフィックもやや低年齢層向けです。ゲーム内通過でアンロックする必要はあるものの、ステージ数はかなり多く、また「ステージの障害物全てを破壊する」「拠点に1体も敵を入れずにクリアする」等の条件を満たすとメダルが貰えるというやり込み要素もあるので長く遊ぶ事が出来ます。

The Creeps! - Google Play の Android アプリ

Toy Defense

  • 評価:☆☆☆
  • 短評第一次世界大戦モチーフのルート固定型TDですが、戦車にネジ回しが付いている等、名前の通りユニットやステージが玩具という表現になっています。各タワーの強化はステージ初クリア時に得られる星を消費してアンロックしていく形式で、後半のステージほどその強化が必須となっていきます。難しくはないですがやや単調なので、全てのステージをクリアする前に飽きが来るかもしれません。

Toy Defense - Google Play の Android アプリ

Fieldrunners 2

  • 評価:☆☆☆☆
  • 短評スマートフォンでの自由配置型TDのパイオニアである『Fieldrunners』の2作目です。ステージがまっさらで完全自由なものやある程度配置可能な場所に制限がかかっているもの、政界のルートをタワー配置で作りあげるパズルに気定数の敵を倒すまでラッシュが続くもの等多彩なステージがあり、それぞれ異なる戦略が必要です。バラエティ豊かで各ステージの難易度も三段階存在し、やり応えは抜群です。

Fieldrunners 2 - Google Play の Android アプリ

Bloons TD 5

  • 評価:☆☆☆
  • 短評:タワーは猿、敵ユニットは風船という一見ほのぼのした要素で作られていますが、タワーには大砲やガトリングガン爆撃機に戦闘ヘリといった物騒極まりないものが存在し、更に敵ユニットの風船も鉛コーティングやセラミック、巨大飛行船等があるという無茶苦茶ぶり。各ステージはルートが違うだけで登場する敵ユニットのパターンは同じですが、そのルートの違いで難易度調整がされており、更に各ステージもタワー設置費用や敵のスピード等に違いがある複数段階の難易度が用意されていて、一筋縄ではいきません。しかしそれ故にワンパターンな印象がぬぐえず、更にタワーの強化はそのタワーを使用して経験値をためる必要があるという手間もあって、序盤は退屈で中盤以降はレベリングが必要と面倒な面がやや目立ちます。

Bloons TD 5 - Google Play の Android アプリ