読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

AdVenture Capitalist

ゲーム

f:id:crnotebook:20150613132244p:plain AdVenture Capitalist — Hyper Hippo

2年前に日本のTwitterを中心に話題になったゲーム『Cookie Clicker』をご存知でしょうか。同じ頃爆発的に人気の出た艦これの空いた時間にプレイ出来るという事で何故か瞬間的に流行し、すぐに廃れていった印象がありますが、これを期に類似したゲームが増えました。この『AdVenture Capitalist』もCookie Clickerタイプのゲームです。

ルール

f:id:crnotebook:20150613132646p:plain

まずCookie Clickerタイプのゲーム(以下「クリッカー系ゲーム」)についてですが、これはタイトル通りひたすら画面内のオブジェクト(Cookie Clickerならクッキー)をクリックし、数値(クッキーの枚数)を増やしていくだけのゲームです。

しかしマウスの左ボタン(あるいは画面)をひたすら連打するのは人間にもPCにも優しくありません。そこでクリッカー系ゲームでは自動で数を増やしていくアイテムが登場します。Cookie Clickerなら得たクッキーを使用してアイテムを幾つも購入し、自動で増えていく数を上昇させます。これが基本的なプレイです。

さて、AdVenture Capitalistではクリックする事でお金が増えていきます。ただし、他のクリッカー系ゲームではクリックした瞬間に数が増えていましたが、AdVenture Capitalistではクリックしてからある程度時間が経たないとお金が増えません。クリックできるオブジェクトの種類も他と違って複数存在し、購入する事でクリック可能なオブジェクトを増やしていきます。

また、高額なオブジェクトほど得られるまでの時間が長くなります。最初にクリックできるレモネードは0.6秒毎、その次の新聞配達は3秒毎となっており、最も高額な石油会社は10時間14分24秒毎です。そのため、ひたすら連打する場面は最初にしか存在せず、後は時間待ちになる事がほとんどです。

f:id:crnotebook:20150613132907p:plain

もちろん時間毎にお金を回収してクリックという作業を繰り返すのは非効率的なので、AdVenture CapitalistにはManagerという自動でお金を回収してくれるアイテム(人物)が存在します。こちらも貯めたお金で買う必要がありますが、お金の回収が自動化できるので放置する事が出来るようになります。

各オブジェクトにはレベルが存在し、お金を使ってレベルを上げていけば1回毎に回収できる金額が増えていきます。レベルを上げる事でゲーム内実績も解除されていき、実績毎のボーナスでお金の回収までの時間が短縮され、さらに1回の回収の金額が増えます。

リセット

f:id:crnotebook:20150613133135p:plain

クリッカー系ゲームでは自動増加数の伸びが悪くなったら、今まで入手した総数と実績だけを残して『リセット』を行うという手段があります。これによってスタート時に特殊なアイテムを手に入れ、その手に入れたアイテムに応じて増加数をさらに増やす事が出来るようになります。いわゆる『強くてニューゲーム』に値しますが、クリッカー系ゲームではこれを前提としてバランスが組まれています。

AdVenture Capitalistでもリセットが可能であり、その時に得られるのはAngel Investor(エンジェル投資家)です。このAngelの数に応じて増収倍率が変わり、数が多ければ多いほど倍率は高くなります。倍率ドン、更に倍!

まとめ

これらを繰り返す事で、一時のジンバブエドルも真っ青なインフレ収入を得ていきその金額を見て達成感を味わう、ただそれだけのゲームです。単純ですが何故かハマる。だからクリッカー系ゲームは恐ろしい。