星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ウルトラマンX 第1話「星空の声」

ウルトラマンギンガ・ウルトラマンギンガSに続き、新ウルトラマン列伝の枠で新たなウルトラマンが始まりました。その名も『ウルトラマンX』。光の巨人『ウルトラマンX』、謎の天災『ウルトラフレア』によって次々と現れる怪獣、それに対抗するべく組織された防衛チーム『Xio』という、これまでのフォーマットを踏襲しつつも、ウルトラマンが主人公のバディになって共に戦い、防衛チームの力を借りて武装したりと、新機軸も出てきます。

第1話を見た感想ですが、非常にワクワクしました。ウルトラマンがデータ生命体的な存在である事や今まで以上に『ウルトラマンと人間が共に戦う』という点が強調されている事、そしてサイバーパンク的な設定が随所に見られる事がツボにハマりました。往年の名作『電光超人グリッドマン』を思い出させるような所もいいですね。

自分はSFが好きなのでファンタジーな設定よりもメカメカしい設定の方が惹かれるのですが、今作はまさにドストライク。ギンガとはまた違った方向性で楽しませてくれそうです。

そして気になるのは、他のウルトラマンの客演があるか。世界観はほぼ完全に独自ですし、怪獣こそ過去作からの登場はあるものの、ギンガみたいに何かしら他のウルトラマンが関わってくる様子も無いので、完全に登場しないか特別な話だけ登場するという事になるのでしょうか。

ウルトラマンX DXエクスデバイザー変身セット

ウルトラマンX DXエクスデバイザー変身セット