星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

ワールドトリガー 第47話「そして明日へ」

実にいい最終回でした。……いや、実際1年目(および原作準拠のストーリー)の終わりですが。

次回からアニメオリジナルストーリーに突入。舞台設定が非常に広がりあるものなので、(原作に追いついた事によるストーリーぶった切りはさておき)面白い事になりそうです。

トライブクルクル 第50話「世界が変わる!ダンスで変わる!」

ついにジェイが復活。後戻り出来ないギャラガーはそれでもダンスバトルを続けるも、トラクルの熱い魂にジェイや仲間達も我慢出来ず全員でダンスを踊るという事態に。子供向けアニメ故に直接対決での決着を付けていますが、どちらかというと平和的解決と言える決着でしたね。

ダンスによって色々『変わる』物語もこれにて終了。次回からはダンスで戦うヒーロー『ブレイブビーツ』が始まります。まさかダンスアニメが続くとは思いませんでしたが、異なる方向性になるようで楽しみです。

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの32「ゲキアツ忍者!アチャー!」

九右衛門に対抗するため、新たなオトモ忍を作り出すことにしたニンニンジャー。彼らの取った方法は、お爺ちゃんとは異なり『自分達がオトモ忍と一緒になる』事。それによって新たなオトモ忍、そしてカラクリ巨大ロボ『ゲキアツダイオー』が誕生しました。名前通り、実にゲキアツ! モチーフも真鯉やパンダなど他では見かけないモノですし、必殺技も戦隊では珍しい(というか他に見かけない?)中に乗っている六人全員が突撃する形で、非常に独特です。

こうしてお爺ちゃんと違うやり方を見つけていき、乗り越えていくのがニンニンジャーなのでしょうね。お爺ちゃんもそれを望んでいるようですし。

仮面ライダーゴースト 第1話「開眼!俺!」

ついに登場、新たな仮面ライダー。その名は『ゴースト』。夏のライダー映画や全作のドライブの最終回で顔見せしましたが、いよいよ始動です。

しかしその開始はまさかの「一度死んでしまう」という形。その状態で眼魔と戦う力を仙人からもらい、変身した姿が『仮面ライダーゴースト』という事ですね。しかし、その状態でいられるのはわずか九十九日。生き返るためには合計十五個の『眼魂(アイコン)』を集める必要がある。いきなりピンチの連続で、どうなってしまうのでしょうか。

それにしても竹中直人演じる仙人のなんと胡散臭い事か! さすがです。

Go! プリンセスプリキュア 第35話「やっと会えた…!カナタと失われた記憶!」

ようやくカナタと再会ですが、カナタは記憶を失っていました。その記憶を取り戻すためにいろいろ試してみる……んですが、最終的にはるかが出した結論は「今はまだ記憶が戻らなくてもいい」でした。無理に取り戻させようとして苦しませるよりも、焦らずゆっくりと。そこにはるかの優しさが垣間見えますね。