星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

ワールドトリガー 第50話「ゼノのトリオン兵」

ゼノ達の素性が話され、さらによく知るためにゼノと修が対決……するかと思いきや、ゼノ達を追いかけてきた者達が仕掛けてきたトリオン兵が乱入してきました。ゼノのトリオン兵はガンダムファンネルみたいな武器を駆使するタイプで、追跡者側は攻撃を受ける度に分裂していくタイプと、個性的なトリオン兵が次々と出てきていますね。

とはいえ、ストーリーの都合上1話で倒されると量産されていなくてもこれまでに出てきたトリオン兵より下に見えてしまうのが少し残念。少年漫画向きとアニメ向きな描写の違いが同じ作品で表れてしまってるから仕方ないですが。

ブレイブビーツ 第3話「踊るヒロイン!!超モフる~♪」

ブレイキンの仲間である『アドリーヌ』が登場、琴音とパートナーとなってスーパーヒロイン『ウインクビート』に変身しました。『ダンス』というジャンルが男女を問わないものだからこそ、男女対等のヒーロー作品となった印象です。

しかし今回は上記のウインクビート登場だけでなく、色々と見所がありましたね。敵側も変身してダンスを踊ったり、敵側の目的がお宝探しで『勇者エクスカイザー』の悪役『ガイスターズ』を彷彿とさせたり*1、敵側にフラッシュビートの正体がバレたり(おそらく目の前で変身したウインクビートも正体がバレてる)、色々と面白い要素が出てきました。これが後の展開にどう影響するかが楽しみです。

ところでアドリーヌの声が結構特徴的だったので調べてみたら、『未確認で進行形』の真白の人だったんですね。

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの35「キンジ、妖怪の迷路!」

九右衛門に妖力を吹き込まれ、更に狼男との戦いで傷ついた事による妖怪化の伏線がここで再浮上しました。九右衛門自体も生存がしっかりと確認された上にキンジと行動を共にするという、明らかに裏のある行動を取っていて怪しさ爆発でした。怪しい、さすがキツネ怪しい。

そして妖刀を手に入れてその力で身体の妖力を吸い取ってもらおうとしたキンジでしたが、九右衛門の策略で狼男になってしまいました。一体どうなる!?

と思っていたら次回はキンジがパワーアップだと!? この伏線は次回のパワーアップに向けたものだったんですね。

仮面ライダーゴースト 第4話「驚愕!空の城!」

織田信長の様に次々と企業を参加に入れて拡大しようとする会社の社長を巡る話でした。織田信長の一見厳しく怖そうなイメージを、タケルが良い意味で崩し説得したのが良かったですね。まさか男性相手でも抱き締めるとは思ってませんでしたが。

しかしまさかドライブ最終話で手に入れた眼魂がまさかニュートン眼魂だったとは。今回の話が信長にまつわるものだったのでニュートンがどこに絡んで来るのか気になった気になったのですが、既に手に入れてたのならニュートンが絡まなくても不思議ではない(逆にニュートン関係の話が無いのが残念)。

そして唐突に登場したもう一人のライダー『スペクター』。織田信長のゴーストを取り込みましたが、彼は敵なのか味方なのか。

Go! プリンセスプリキュア 第38話「怪しいワナ…!ひとりぼっちのプリンセス!」

クローズが人間に化けてプリキュア達を分断させ、はるかを追い詰めていく作戦に出てきました。しかもそれが巧妙ではるかも心が折れかけましたが、持ち前の不屈の精神で立ち上がる……

のですが、クローズの言葉で(記憶を失った)カナタが「自分のせいではるかを追い詰めている」と思い込み、まさかのトドメの一言「プリンセスになるな」ではるかを絶望の底に叩き落としてしまう展開に。まさかこう来るとは思いませんでした……。敵に追い詰められるよりも、確かに信頼を寄せていた相手にこんな事を言われる方がより絶望してしまいますね。

果たして絶望に落ちてしまったはるかはどうやって復活するのか。より確固な意志を手に入れて復活してくれる事を期待しましょう。

*1:真の目的は別の所にありそうですが。