星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ウルトラマンX 第18話「ワタルの恋」

ウルトラマンマックスで大混乱を引き起こした宇宙化猫の同種族「ムー」が登場しました。マックスの時は人々の記憶能力を阻害する電磁波で非常に面白い事になっていましたが、今作ではまさかの「ウルトラマンXに恋をして、会いたいがために現れていた」という状況です。しかもその影響でレッドキングが現れたのですが、その立ち位置はまるで間男あるいは横恋慕。その上ムーのおならは忘却作用があり、それによってエックスはムーを助けていたのを忘れていたという顛末でした。

最後はムーの涙がエックスの記憶を復活させた……ものの、逆に自分は記憶を失って恋心さえも失ったというオチがつきました。マックスの時とはまた違う形で大混乱を起こしていって、本当に酷い(褒め言葉

しかし今作はウルトラマンがよく喋る……というか、今までのウルトラマンと比較して明確に主人公と別人格であると位置づけされているので、この様な話も出来たのですが、いい意味でウルトラマンらしくない所が本当に楽しい。