星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド

毎年恒例、スーパー戦隊VSシリーズの映画を見てきました。何かとコミカルなニンニンジャーとわちゃわちゃしているトッキュウジャーが手を結んだ事で、どんな化学反応を起こしているか気になっていましたが、蓋を開けてみれば真っ当な内容でした。(以下ネタバレ有り)

今回は『天晴の忍タリティが奪われて闇アカニンジャーが誕生し、代わりに天晴が消えそうになってしまう』という展開があり、それが他のニンニンジャーでもあり得る事態だとして旋風が止めようとするというシーンがありました。これはニンニンジャーが家族や仲間の絆がテーマの一つにあり、トッキュウジャーも本編で家族の下に帰るために旅をして戦うというストーリーがあった故の事でしょうね。

そのため大筋はシリアスに進むものの、旅をして精神的に大きく成長しながらも明るい性格は変わらなかったライトと何があろうともポジティブな天晴というレッドコンビを始め、仲間との絆が強い他のメンバーが頑張る様が描かれ、集団ヒーローものの王道を突っ走っていました。

一方で要所要所にネタが挟まれており、特に復活したシャドーライン幹部の防衛を突破するシーンは「か弱い女性のふりをしてネロを油断させようとする風花とカグラとキンジ*1」「分身の術を使ってノア夫人の所を勢いで突破しようとするものの、トカッチが転んでしまいやむなく無理やり突破する八雲とミオ」「シュバルツに隠れていた所を見破られるも、(シュバルツが石川五右衛門の闇クローンと融合していたから)五右衛門風呂に閉じ込めて突破する霞と凪とヒカリ」と、いつものニンニンジャーらしいやり方が描かれました。

そして今回が初お披露目となるジュウオウジャーは、ニンニンジャーとトッキュウジャーとマーブロが戦っている隙に恐れを集めようとした妖怪の前に現れて戦う形で登場しました。レッドが相手が何なのかよく確かめもせずに突撃したため、ジュウオウジャーもレッドが突撃隊長タイプなのかもしれません。ただし、戦闘シーンは動物戦隊の名に恥じないそれぞれのモチーフになった動物の特長を活かした戦い方をしていて面白かったです。また、ヲタ的にはレッドの武器がまさかの蛇腹剣*2だったのがとてもワクワクしました。あのギミック、玩具にもあるのかな?

兎にも角にも、今作もガッツリ熱い新旧戦隊の共演が見られて楽しかったです。

*1:しかもネロが見惚れたのがよりにもよって女装したキンジだったため、風花とカグラは不満げだった。

*2:剣の刃が蛇腹状になる武器。先駆者は『機甲界ガリアン』の『ガリアンソード』。