星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

バトルスピリッツ烈火魂 第46話「蘇れ!龍の魂」

幸村と謙信の決戦です。

幸村の猛攻も謙信が使う白の防御やセンリュウカクの【ソウルドライブ】を含むデッキへのバウンス効果の前では苦戦を強いられていましたが、多数のドローマジックを使う事でそれへの対策としました。最も効果的だったのは、『光速三段突』によるデッキボトムへのバウンスでバーニングソウルドラゴンの再ドローが絶望的になった*1状況から、ドローやデッキトップ数枚からのサーチ&それ以外のカードをデッキボトムに戻す効果で、再び手札に戻してきた事ですね。

それでも一方的にならず、謙信が防御してきたのを、それを上回る圧倒的な攻撃力で幸村が圧し勝ちました。メタ的に幸村が勝つとわかっていても、この逆転劇は驚きました。

現実的にはあれだけのドローをして手札に切り札を再度戻すというのは困難と思われますが、赤属性の持つ特徴*2を最大限に発揮した戦い方で感心しました。

*1:バトスピではサーチ効果を持つカードが無く、デッキボトムに落とされたらほぼ回収不可能になる。

*2:バトスピの赤属性はドロー効果を持つカード(特にマジック)が多い。