星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

バトルスピリッツ ダブルドライブ 第3話「強烈!異魔神ブレイヴ」

メイの持つ村の人々から託された『未の十二神皇グロリアス・シープ』を巡って、ついに『異魔神ブレイヴ』の使い手であるタツミがバトルです。

グロリアス・シープは自分のデッキから6枚破棄することでライフが減らないようにするという白属性らしい効果を持っていますが、それに対抗してタツミが異魔神ブレイヴ『龍魔神』を繰り出しました。異魔神ブレイヴはスピリット状態だとアタックもブロックも出来ないですが、2体と同時に合体出来る上にそれぞれブレイヴした時に異なる効果を追加するという能力を持っています。『龍魔神』の場合は片方が相手を疲労させて1枚ドロー、もう片方が疲労状態のスピリットを破壊する事でコアブーストという、2体ブレイヴしていれば一気にリソースを増やせる上に相手のスピリットを破壊できる強さを持っています。*1

そしてバトルはメイが戦いに消極的なのもあってか、タツミが勝利し十二神皇を奪い取るという形で決着がつきました。グロリアス・シープは【封印】も使わずに敵の手に渡ってしまったので、本領発揮は再登場を待つ事になりそうです。

*1:ただ、今回のバトルではあくまで疲労からの破壊のみ言及しており、更に合体したアメジストドラゴンは「合体したブレイヴの効果でスピリットを破壊/消滅した時、ライフを1個削る」という効果があったのですが、それを処理した描写もありませんでした。