星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ウルトラマンオーブ 第5話「逃げない心」

セーラー服を着たゼットン星人……ただの変態ですね。

今回戦った相手はあのゼットンの派生形であるハイパーゼットン(デスサイズ)ですが、特にオーブが第1話冒頭で戦っていた謎のゼットンと関連はなさそうですね。特にガイ(オーブ)がハイパーゼットンに対して何かを思うような描写がありませんでしたし、姿が似ていても別物と割り切っているのでしょう。

しかしゼットン星人が死に際に口にした「腐りかけた星に侵略する価値があると思っているのか」というセリフは、どういう意味なのか。単純に環境汚染などでダメになってきた事を指しているのか、それとも何か別の事を指しているのか。