読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

ニチアサキッズタイム アニメ・特撮

ヘボット! 第1話「ヘボッとうまれて屁・ボーン!」

予告や公式ページを見てわかってはいましたが、それでも一言言わせてください。

下品じゃねーーーか!!

この作品はバンナムバンダイ)とサンライズとコロコロの共同制作であり、雰囲気は完全にコロコロのそれですね。おならや鼻くそ、金的などの下品な描写はもちろん、リアクション時の表情がいわゆる顔芸と言われるレベルの変顔ですし、メタい描写もそれなりにありますし……。ここまで酷い(褒め言葉)のはこの時間帯ではかなり久々ではないでしょうか。

しかしコロコロとしてはこの方向性の作品は既に幾つかありますし、前述の通りこの時間帯としては久しぶりな方向性の作品なので、どう転ぶか予想できませんね。

動物戦隊ジュウオウジャー 第30話「伝説の巨獣」

キューブホエールを保護しようとするジュウオウジャーと倒そうとするバングレイ、その戦いの最中に登場したキューブホエールはどちらに対しても攻撃してきましたし、更にキューブホエールを狙ってジニスがナリアを差し向けるという三つ巴(キューブホエールが現時点で何処にも賊していないと考えれば四つ巴)の状態に。

キューブホエールが何故ホエールチェンジガンを持つジュウオウジャーまで無差別に攻撃してきたのか、気になる所です。その一方でバングレイにそそのかされて手伝わされたクバルも、一体過去に何があったのか、何をしようとしているのか。

仮面ライダーゴースト 第49話「無限!人の力!」

「人の可能性は無限大」として、人の存在を否定しようとするグレートアイザーに想いを伝えたタケル。およそ200日のゴースト状態からついに生き返りました。不滅の存在でいるよりも「みんなと一緒に生きる」事を選んだのは、最初からの願いであるのもありますが、これまでに様々な人達の生き様を見てきて出した結論でもあるでしょうね。

そして今回は前作のドライブでも見られたように、次期ライダーであるエグゼイドが顔見せしました……が、本来はマゼンタのカラーリングであるはずが何故か黒い出で立ちでした。この秘密は次回か本編で明らかになるのでしょうか。

ゴーストの話は今回で一旦締めとなり、次回は後日談とエグゼイドへのバトンタッチとなる特別編です。

魔法つかいプリキュア! 第33話「すれ違う想い!父と娘のビミョ~?な1日!」

リコの父親が『大いなる災い』やプリキュア関連を調査するためにナシマホウ界にやってきた話でした。

子供を想わない親はいないというメッセージも含まれたような話で、一緒に見ていた(かもしれない)お父さんが共感していたのではないでしょうか。

ヘボット! DXヘボット!

ヘボット! DXヘボット!