星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ウルトラマンオーブ 第12話「黒き王の祝福」

大魔王獣マガオロチに対抗するため、ウルトラマンでありながら唯一暗黒面に堕ちたウルトラマンベリアル*1の力を借り、『サンダーブレスター』となって立ち向かったウルトラマンオーブ。あまりにも強大な力とベリアルのような残虐でラフなファイトで、とてもヒーローとは思えない戦いぶりを見せてくれました。トドメに数多の怪獣を真っ二つにしていた歴代の先輩達がいたとか言わない。

凶悪な力を手にして勝利したものの、ガイの心は全く晴れていないようです。ここから立ち直る事が出来るのか。

しかしサンダーブレスターへの変身で注目されていたのがベリアルでゾフィーの影が薄かったから、前回に続きゾフィー不遇伝説にまた新たな1ページが追加されたような。

*1:偽のウルトラマンウルトラマンに似た巨人、一時的に敵対していたウルトラマン等は数多く存在するものの、明確にウルトラマンでありながら終始敵として登場したのはベリアルのみ。