読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

バトルスピリッツ ダブルドライブ 第30話「電光石火!子の十二神皇!」

アニメ・特撮

前半は十二神皇のカードを手に入れたサンドラットとそれを取り戻そうとする駿太達の対決……のはずが、サンドラットが駄々をこねたせいでアンティ無しのバトルとなりました。

サンドラットが手に入れた『子の十二神皇マウチュー』はこれまでに登場した十二神皇の中では最もコストの低い『2』であり、自分の最初のターンに召喚した上に低コストスピリットとマジック(【封印】時効果使用)を駆使してワンショットキルを決めるという活躍を見せました。もちろんサンドラットのイカサマ(悩むふりをして隠していたカードを取り出す)でしたが。

イカサマをしている事を見破った駿太は改めてサンドラットにリベンジ、これまでの必勝パターンを対抗策として用意したマジックカードで防ぎ、今度は逆にスピリットを揃えた駿太が勝利しました。完全に因果応報ですね。

マウチューは召喚時に【封印】が出来るので即座に各カードの【封印】時効果が使用できるメリットがあり、今回のサンドラットはそれを有効活用していました。しかしエンディング後の講座でもあったようにマウチューはブレイヴの合体条件を無視できる効果も持っている*1ので、そちらを活用するという手もありますね。そちらを使うなら、低コストカードであるためにいろんなデッキに差しやすいですし。

*1:多くの場合、合体条件は2コストのスピリットでは満たせないためブレイヴの合体先にはなかなかならない。