読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

アニメ・特撮 ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第7話「ヘックションでフエフエのヘボ」

しゃっくりが止まらずネジを吐き続けるフエールがネジ屋を訪れ、それを解決しようとする話……ですが、その量が尋常じゃなく、最終的に宇宙を埋め尽くすレベルになっていました。ギャグアニメに「出来ない」とツッコむのはナンセンス。

しかもネジルのネジキチっぷりが暴走して、それを止めるどころかむしろしゃっくりを促そうとする始末。主人公の方が事態を悪化させようとしてどうするんだ!? 本当にどうしようもない奴らばかりの狂ったアニメです(これでも褒め言葉)。

動物戦隊ジュウオウジャー 第36話「ハロウィンの王子様」

たまたまタスクが助けた女の子が『王子様』に憧れる恋に恋するタイプであり、タスクが振り回される……と見せかけてアムがその子に対して「王子様を助けるお姫様もカッコいい」と勇ましい姿を見せる話でした。

……はい、予想通りその女の子はアムの方に惚れ直してしまいました。駄目だこの子、早く何とかしないと。恋に恋して暴走する上に王子様なら性別も問わないという、トラブルの権化みたいなキャラでしたね。

仮面ライダーエグゼイド 第5話「全員集結、激突Crash!」

ゲーム病に侵されたガシャット泥棒を救おうと奔走する永夢、泥棒なら見捨てろと切り捨てる飛彩、ガシャットが手に入るなら他は問わない大我、バグスターを監察出来るならそれでいい貴利矢と、それぞれの思惑が入り乱れます。

そんな中、半ばキレた永夢が新たなガシャットを手に入れてエグゼイド・レベル3となりました。赤色の装甲が増えて、ますますファイターロアっぽい姿に。アクションゲームのエグゼイドが格ゲーの強化形態を持つ、ゲームジャンルの系譜が連なっているフォームですね*1

そして黒いエグゼイドこと『仮面ライダーゲンム』の正体は幻夢コーポレーションの社長と判明しました。名前でバレバレだったとか言わない。しかもバグスターと共同戦線を張っていて、ガシャットを作り出した会社がマッチポンプを行っているようにも見えます。果たして彼の目的は一体何なのでしょうか。

魔法つかいプリキュア! 第39話「今日はハロウィン!み~んな笑顔になぁれ!」

前回に続きハロウィン回、今回はナシマホウ界でのハロウィンパーティーです。しかもハロウィンだから魔法使いとバレにくいという事で、補修メイトだけでなく多数の魔法学校の生徒および校長や教頭までもが訪れる事に。ハロウィンは劇中でも語ったように仮装する事で悪霊から身を守って追い払うという意味があるのに、コスプレする祭みたいな扱いになってるのは日本らしいというか。

その様相を喜ぶみらい、それにシンクロするようにとある資料を発見したリコの父親と、何かが起きそうな予感がします。悪い方へ向かわなければいいのですが、どうなるでしょうか。

*1:元々格闘ゲームはバトルに特化したアクションゲームとして作られた『ストリートファイター』から派生していったため、格ゲーから見るとアクションゲームは親に当たるジャンルになる。