読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊

アニメ・特撮

ジュウオウジャーVSニンニンジャーを見てきました。最初から両戦隊のぶつかり合いがあり、随所で各キャラクターの特徴を見せつつ共闘へと繋げていく丁寧な脚本はさすが香村純子さんでした。ただ、過去戦隊要素がそこまでフィーチャーされていたわけではないので少し蛇足感があったのが残念です。

(以下ネタバレ有り)

ジュウオウジャーニンニンジャーがぶつかり合って共に全滅し、戦隊の歴史が途絶えてしまうと警告してきたのが、未来の天晴の息子である『伊賀崎快晴(よしはる)』。どうやって過去に来たかといったら忍法『タイムワープの術』というのだから、さすが戦隊忍者(の子孫)。タイムレンジャーの面目がない。

そのぶつかり合いの原因が、ニンニンジャーに接触してきた『ルンルン』というキャラクターが「ジュウオウジャーに仲間達を殺された」と証言したからなのですが、視聴者からすれば当然それが嘘だとわかっています。ではどうやって両戦隊がそれを見破ったかというと、ニンニンジャーに捕まりるんるんによって嘘を喋るようにされてしまった操が尻文字で伝えたというミラクルを起こしました(もっとも八雲と霞は当初からルンルンを疑っており、邪悪さを感じない操の懸命の行動が真実だと見抜いたのもありましたが)。ルンルンの思惑を見破った両戦隊が、実際に衝突し合ったように見せかけて騙し討ちをかける様は見事でした。おかげで途中から別行動になっていた大和と天晴までも騙されてましたが。

そこからはお馴染みの二大戦隊の共闘! お互いトリッキーな能力を持っているため、共闘した際の派手さはいつも以上に感じられました。特にキンジと操の共闘は、キンジが人見知りしない陽気なキャラという事もあって操がすごく嬉しそうだったのが印象的でしたね。「野生大解放!!」の掛け声が凄くウキウキしていましたし。

そしてニンニンジャーは祖父の好天がいない代わりに快晴が新たなアカニンジャーとなり、世代が進んだ親子三世代アカニンジャーが勢揃い! こうして歴史が紡がれていくのだとひしひしと感じる、ニンニンジャーらしいシーンでしたね。

最後の巨大戦では過去の戦隊(の意識?)が力を貸してくれる熱い展開。喋っていたのはレッドファルコン一人だけでしたが、ライブマンのテーマである『命』にかけた応援メッセージはとても熱く心に響くものでした。ゴーカイジャーでもそうでしたが、香村さんライブマン好きでしょ! 好きすぎでしょ!(褒め言葉)

さて、VSシリーズといえば次期戦隊の先行お披露目もあります。41番目のスーパー戦隊である『宇宙戦隊キュウレンジャー』が初めて映像で登場しましたが、最初はいつも通りの5人と思わせておいて、更に4人駆けつけて9人のスーパー戦隊だという登場の仕方をしていました。キュウレンジャーは星座モチーフという事もあって、各星座(のモチーフとなったもの)の特徴を活かした能力を繰り出していました。ただしシシレッドことラッキーは自分の本名にちなんだ幸運の方が目立っていましたが。某ついてついてつきまくるヒーローを思い出したのは自分だけではないはず。

最初から最後まで見所満載の一作で満足しました。ラストに天晴が「既に結婚していてもうすぐ子供が生まれる」と爆弾発言をしていましたが!(息子の快晴が伝えに来たのが全滅の前日であり、何故息子が出来ているのかメンバーは不思議に思っていた) しかも家族にも伝えてなかった適当(というか楽観的)ぶりはさすがとしか言い様がありませんでした。