読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

アニメ・特撮 ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第19話「ヨロシク、湯煙ロクンロー」

前半寝坊で見過ごしました……。

午のエトボキャボットが登場、かつ温泉に行ってそこで発生した問題に巻き込まれるとの事でした。

前回もそうでしたしヘボ子状態の時でも片鱗が見えていましたが、ヘボット役の井澤詩織さんの演技の幅が凄いですね。ギャグ表現だけど1作品でここまで幅広くいろんな声を聞けるのはそう多くないですし。

動物戦隊ジュウオウジャー 第48話「地球は我が家さ」

ついにジニスとの最終決戦。

その最中に大和達はジニスの秘密である「ジニスはメーバの集合体である」事を知りました。だからジニスの細胞から作られたメダルからメーバが生み出されていたわけですね。巨大化の際にナリアが「ジニス様の細胞から生み出した~」と強調していたのも、この伏線だったのでしょう(当のナリアは知らなかった……というか、ジニスはこの秘密を知られたくなかったので当然ですが)。

それでもジニスを守ろうとしたナリアを「秘密を知られたから」というだけで殺し、全ての生命を見下すジニス。そんなジニスに立ち向かうジュウオウジャーですが、大和がザワールドと同様に三つのジューマンの力を一つにした 『野生大解放』を使用、それまで圧倒されていたジニスに逆転してついにジニスを倒しました。巨大戦? 結局ジニスも瞬殺という展開を回避できませんでしたよ。

戦いも終わってジューマン達は王者の資格を戻して一旦ジューランドに戻る……かと思いきや、まさかの二つの世界が一つになる展開。その瞬間こそお互いの世界の住人は驚いていましたが、順応も早く明るい未来を予感させて物語が終わりました。人間とジューマンの関係だけでなく、人間同士の関係も改善してきたジュウオウジャーなら、きっとより良い関係と世界を築けるでしょう。

次回からは史上初の9人戦隊『宇宙戦隊キュウレンジャー』が始まります。人数だけでなく物語開始時点で征服された宇宙を解放するために戦うという、史上初の試みがどうなるのか楽しみです。

仮面ライダーエグゼイド 第17話「規格外のBURGSTER?」

ハンバーガーの姿をしたバグスターが出てくるも、そのバグスターは人を襲うようなタイプではなく、しかも倒そうとすると感染者がストレスを感じて消滅しそうになるというパターンでした。

そこで新たなガシャットも登場しましたが、インラインスケートを駆使したアクションをするライダーはおそらく史上初ではないでしょうか。しかも色々と今回限りかもしれませんが、敵を倒すという目的ではなくハンバーガーを作って笑顔にするという目的のゲームが元なので、ハンバーガー作りをするアクションとなっていました。おかげで材料を撃ち落としてしまったスナイプが形無しです。

しかしそんなイレギュラーなガシャットを社長が許すはずもなく、強奪した上にバグスターも倒していきました。ジュウオウジャーのジニスみたいに自分がゲームマスターだと思い込み、思い通りにならないと気が済まない外道ですね。それによってパラドとの亀裂が生じてきてますし、社長もフラグが立ってきている気がします。

キラキラ☆プリキュアアラモード 第1話「大好きたっぷり!キュアホイップできあがり!」

ついに始まった新たなプリキュア。お菓子に含まれる『キラキラル』というエネルギーを奪われないためにプリキュアとなって戦う、というストーリーです。

主人公のいちかは典型的な明るい元気っ子で、表情もよく変わって見ていて楽しいキャラですね。他のキャラも楽しみになってきました。

今作ではスイーツ作りがクローズアップされているためか、劇中でもスイーツを作るシーンがあるのですが、それがまさかの歌あり&実写映像織り交ぜという内容。この辺りはNHKの子供向け料理番組をパクった参考にしたのでしょうか。本編終了後には実際の作り方を(1分と決めているので早回しですが)披露していますし、なかなか斬新に感じられました。

そして放送前から「肉弾戦から新たな戦い方にシフトする」と告知されていて気になっていた戦闘シーンですが、敵は殴る蹴るといった攻撃をしてくるのに対し、プリキュアはクリーム状のエネルギーを利用して足止めや必殺技(無力化)を行うというパターンになっていました。これからもっとバリエーションが増えると思いますが、プリキュアらしさ(スーパーヒロインらしさ)を残しつつ新たなパターンを作り上げようとしているので、こちらも楽しみですね。