星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

バトルスピリッツ ダブルドライブ 第45話「その名はフォーミュラー!」

抜け道内で待ち伏せていたヨロイと、キキの代わりに十二神皇を持つ駿太がバトルです。

駿太はこれまで通りリボル・ティーガでライフを削る戦術をとるも、運悪く【砲撃】が発揮できずライフを削れない状況。一方のヨロイはグリードッグやカラミティボアで着実に駿太のスピリットや手札、デッキを削っていました。

駿太が窮地に陥った時、エグゼシードが進化。『超・十二神皇エグゼシードF』となって降臨し、駿太を勝利に導きました。

エグゼシードFは『超封印』によって封印と同時に自身を最高レベルまで上げ、更に【炎走破】によって自分の『神皇』『十冠』スピリットの数だけ相手を破壊した上に指定アタック可能、更に破壊した数だけ相手のライフを削るという強力な効果を持っています。つまりライフ減少を軽減もしくは無効化するような防御手段が無ければ、今回のようにエグゼシードFと何体かのスピリットがいる事でお手軽ワンショットキルが可能となります。スピリットを並べてもライフが削れ、並べなければ直接削られと、赤の特徴を極端化したようなスピリットでかなり脅威ですね……。烈火伝の時もそうでしたが、能力のインフレが著しい。