読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

アニメ・特撮 ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第23話「ねらわれたネジ魂」

アバンタイトルにいつものギャグが無いという異常事態から始まった今日のヘボット。本編はいきなりヘボットとネジルが腹痛に襲われ、治ったと思ったらシリアスパートに出ていたネジキール卿が現れました。

……って、シリアスキャラを貫くかと思ったら、こいつまでギャグ空間に引きずられてアレな言動していやがった! しかし二人と邂逅した時に「1周目か」「レベル50にも達していない」といった意味深な事を口にしていましたし、ボキャバトルの結果を無視してネジを強奪しましたし、シリアスパートとしての役割は忘れていませんでした。

そして二人のピンチに現れたチギルとペケット。チギルはネジルの兄でペケットはヘボットの弟という衝撃の事実が明かされました。キン肉マンにおけるアタル兄さんみたいなキャラだ。「聞かれなかったから」教えられなかったらしいですが、それにしても王族ならチギルの方が継承権を優先されているはず。その辺の事情は明かされるでしょうか。

しかしネジキール卿は前回「ネジキール卿に被るネジルのイメージ像」というシーンがあったので怪しく思っていましたが、どうやらネジルが何らかの影響で変貌した姿のようです。言動がネジルと似ていたのも納得がいきますが、だとすると何故あの様な事になっていたのかという疑問もわきます。シリアスになっていたネジ王もキーキャラクターのようですし、一体この物語の裏に何が隠されているのか。

宇宙戦隊キュウレンジャー 第4話「夢みるアンドロイド」

今回から舞台は地球になるようです。また、使用できるエネルギーに制限があるため毎回のスタメン5人を決める必要があるという設定も明かされました。開始時の放送連動くじ引きが本編にも出てくるとは。

そして今回はラプターの「みんなと一緒に戦いたい」という夢が明かされ、その夢を肯定したラッキーの導きもあってラプターキュウレンジャーに覚醒、8人目のキュウレンジャー『ワシピンク』となりました。先に出ていたヒロインであるハミィよりも先にメイン回を務めましたし、今まで第1ヒロインが多かったピンクですし、ラプターがハミィよりもヒロインらしいイメージがありますね。個人的にも色々好みな造形のキャラです。

仮面ライダーエグゼイド 第21話「mysteryを追跡せよ!」

黎斗の父親でゼロデイの時に責任を負い逮捕された『壇政宗』が本格的にキーキャラとして登場です。

しかしまさかバグスターウィルスの誕生が2000年問題*1だったとは。

それにしても、バグスターを倒しても黎斗の作る『仮面ライダークロニクル』の糧になるし、黎斗の変身するゲンムを倒しても『死』のデータが蓄積されるという、何をしても黎斗の思い通りという状況はカタルシスに欠けますね。

キラキラ☆プリキュアアラモード 第5話「きまぐれお姉さまはキュアマカロン!」

完璧美人な高校生、琴爪ゆかりの登場です。

どうにも「何でもできる」という言葉を褒め言葉として受け止められず、退屈な日々を過ごしていたようで、何にでも挑戦するいちかの様に興味を惹かれた様子。だからこそマカロン作りが上手く行かなかった時に、ムキになって何度も作り直していたのでしょうね。そしてそれを「面白い」と思ったからからこそ仲間になれた、と感じました。さすが主人公、ハーレムが着々と築かれつつある。

そしてキュアマカロンの初変身&初戦闘は、他の三人と違って最初から戸惑う事なく自分の能力を存分に発揮、単独で悪い妖精を退治しました。高校生組は完成形に近い状態で参戦という形なのでしょうかね。もちろん、どこか欠けている(足りない)部分があるからいちかに惹かれたというのがありますが。

*1:昔のコンピュータの処理能力の関係で、時刻を表す際に年を4桁(19XX)ではなく2桁(XX)で処理していた。そのため2000年になると「1900年」扱いになり、1999年の次に1900年となるという矛盾から多くのコンピュータが誤作動を起こす恐れがあった、とされていた。現実には修正を施したコンピュータが大半を占めていたので、多勢の人に影響は出なかった。