読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

シスター・プリンセス 15th Anniversary Blu-ray BOX

つい先日知ったのですが、あの伝説の電撃G'sマガジン読者参加型企画『シスタープリンセス』のアニメ版のBD-BOXが発売されていました

シスプリ原作の概要は以下の通り。

あなたには離れて暮らしている一人の『妹』がいます。

その妹と会えるのは月に一回の『お兄ちゃんの日』だけ。

普段は妹とメールをやりとりして互いに思いをはせ、お兄ちゃんの日にあなたは妹と楽しい一時を過ごすのです。

……という実にシンプルなもの。いわゆるギャルゲーのヒロインに相当するのが、初期は9人であり、設定上は1対1の関係で交流するものとなっていました。

ただしこれは初期からアニメ放送前までの設定。アニメ版やゲーム版、およびそれらの後の連載版では1人の兄に対し12人の妹がいるという設定の追加がされて展開されていました。また世界観も各メディアで異なっており、それぞれで異なる作風となっていました。

原作はラブライブストロベリーパニック等でも有名な公野櫻子先生ということもあり、非常に甘々でむず痒くなる(褒め言葉)内容でした。

今回発売されたBD-BOXにはは2001年4月から9月まで放送された1期と2002年10月から12月まで放送された2期『RePure』の両方が収録されています。

1期のストーリーは以下の通り。

高校受験に失敗した『海神航(みなかみわたる)』は、ある日突然受けた覚えのない『星見が丘西学園』への推薦入学が決まった事を告げられる。

わけもわからないまま学園のある『プロミストアイランド』へと向かうが、船から下りる時に誤って海へ落ちてしまう。溺れそうになった所をとある女の子に助けられ、更に町の中で3人の少女と出会った。

新たに住まう事になった家『ウェルカムハウス』に向かうと、そこで待っていたのは先程であった4人の少女。彼女達は航の『妹』だと明かし、航は唐突に妹達との同居生活をする事になる。

後日、航は更に8人の妹がいる事を知った上に彼女達とも同居する事となり、その上プロミストアイランドへの船で同情していた『眞深』という少女も妹だと称し、合計14人での賑やかな日々が展開される。

このアニメ版1期は原作とは大幅に異なっている点が多く、また作画が崩れていたり珍妙なストーリーが展開されたりした事もあって作品の評価は高くありません。

が、自分にとっては初めての深夜アニメであり、初めての萌えアニメおよび萌え系作品であったために非常に思い入れがあります。またあの世界観も変ではあるもののそれが逆に楽しそうで羨ましくも思っていました。なので「評価は低いけど好きな作品」の一つとなっています。

2期は完全新作の前半パートである『ストーリーズ』と、原作小説版のエピソードをアニメ化した後半パート『キャラクターズ』があります。ストーリーズは設定を一新*1し、1期とは異なる作風となっています。ストーリーは以下の通り。

海の面した翼多(つばた)市のとある街。

そこでとある事情から兄と離れて暮らす12人の妹達が織りなす物語。

1期と比べると非常にシンプルです。全体を通しての伏線はあるものの、それをさほど気にすることもなくゆったりとした雰囲気を楽しめます。ただし1期では2クール分もあって各妹に最低1話はメインパートがありましたが、今作は1クール分を更に半分にしていたため、全員登場はしていたものの、スポットライトが当たっていたのはごく一部の妹になっていました。

一方のキャラクターズは、前述の通り原作小説版から各妹1話ずつピックアップして映像化するというものになっています。このパートではデザインを原作に寄せ、故・岡崎律子さんの優しい音楽で彩り、シスプリのアニメ作品の中では(当然ではありますが)最も原作の雰囲気を再現しています。

どちらも自分にとっては思い入れがありますし、当時は原作が大人気作品という事もあるものの、まさかこのタイミングでBD-BOXが発売されるとは思っていませんでした。

1期の内容が内容なのでオススメはしませんが、それでも妹が好きなんだ!!(CV:中村悠一

*1:ごく一部の設定が引き継がれているようですが、1期との繋がりはありません。