読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第25話「ツルっとオチた流れ星」

実在のお笑い芸人『流れ星』がゲストで登場しました。とあるお笑いコンテストでヘボネジコンビや流れ星をバッサリいった上にネジを横取りしたチギルとペケットに対抗するため、ヘボネジと流れ星、そしてぼっちのツル太郎がお笑いで奮闘する話でした。

元々ヘボットの宣伝イメージキャラクターとして起用されていましたし、本人達のネタにアニメや漫画のキャラを使ったものがあるので相性は良かった……のか?

宇宙戦隊キュウレンジャー 第6話「はばたけ!ダンシングスター!」

9人揃ったので足並みを揃えるためにダンスで特訓をする話でした。何もおかしいことは無い。

ガルがラッキーに依存しすぎているきらいがありますが、それだけのカリスマ性があるという事の示唆でもありますね。実際にラッキーは運だけの男ではなく常に先頭に立って戦いますし、他人を突き動かす熱い想いも秘めています。

ところで今回登場したペガサスキュータマですが、装着した鎧が(星座も一致するため)どうしても聖闘士星矢を彷彿とさせますね。まさか意識があるとは思いませんでしたが。しかも声優はキンタロスことてらそままさきさん。元々『星座』という同じモチーフでチームヒーローですし、その発想は聖闘士星矢を知っているなら必然とも言えるでしょう。

仮面ライダーエグゼイド 第23話「極限のdead or alive!」

黎斗を止めるために永夢がリプログラミングの機能を施したガシャットを使用、『マキシマムマイティX』となって戦いました。レベルはMAXの99、更にチートリプログラミングによってゲンムの再生能力を無効化と今までのガシャットよりも遥かに強力です。

それによりついにゲンムが討ち倒され、その上黎斗の中にあるバグスターウイルスの抗体をリプログラミングにより無効化して変身出来なくさせました。なるほど、こうすれば命を奪うことなくゲンムの脅威を止められる。でも元を辿れば(本人に非がないとはいえ)永夢がゲームのアイデアを送ったことで狂っていったとも言えるので、黎斗にとっては最大の屈辱でしかない。

これで決着が付いたのも束の間、パラドによってデンジャラスゾンビのウイルスに冒され、黎斗は『ゲームオーバー』となり消滅してしまいました。死ぬ間際も結局永夢と和解する事はなく、徹底的に悪の道を貫いていましたね。やっていたことは外道の極みでしたが、悪としては非常に魅力的なキャラでした。そして極めた悪の言動の面白さも。

キラキラ☆プリキュアアラモード 第7話「ペコリン、ドーナツ作るペコ~!」

仲間が散り散りになってしまって寂しくなったペコリンのために一緒にドーナツ作りをする話でした。1話冒頭での戦いは悪い妖精達との決戦というわけではなく、襲ってきたところを迎撃しただけだったようですね。

そして5人揃った事と今回の事があってようやくお店『キラキラパティスリー』が始動……と思いきや、オープン準備にもまた一波乱ありそうです。

しかしプリアラは戦闘シーンを肉弾戦主体から変えた事もあってか、必殺技に値するものが無いのが気になりますね。戦闘をお菓子作りに例えるなら、仕上げをすることなく調理を終えるようなものだと思うのですが。