読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

笑ゥせぇるすまんNEW 第2話「温泉奇行/マボロシガイシャ」

「木原」姓のCV:関俊彦で某外道主人公を思い出したのは俺だけでいい。

Aパートは『温泉奇行』。出張の帰りに一人でふらりと温泉街に向かった所で喪黒と出会い、芸者遊びをするサラリーマンの話です。喪黒に導かれたとはいえ、『冒険』といいつつ不貞を働いた(酔った事で相手が若い子と勘違いして熟女の方と遊んでしまった)上に、更にとんでもない額を請求されたという自業自得。たまには羽目を外すのもいいけど、外しすぎるのも良くないよという教訓ですね。

Bパートは『マボロシガイシャ』。ブラック企業を辞めたもののトラウマや不安から再就職が出来ずにいた青年が、喪黒に紹介された職業訓練を行う会社で働く話です。始めこそ調和の取れた労働をしていたものの、上司の立場を体験してからは効率を求めた働き方を強要するという、自身がブラックだったというオチがつきました。近年表面化した『ブラック企業』がテーマになってる事からわかるとおりアニメオリジナルの話ですが、自身が受けた理不尽を他人に与えるという負の連鎖を体現してしまった、原作に負けず劣らずのブラックユーモアたっぷりな内容でしたね。