星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ウルトラマンジード 第2話「怪獣を斬る少女」

第1話にも登場した少女が発火能力を持っているためにダダに狙われ、同じ頃に『怪獣が人間に戻ったところを斬る』と宣言した謎の女性も現れるという展開でした。

今作の一般人は全体的に負の側面が強調されていますね。ウルトラシリーズは作品や話によって一般人の態度が異なりますが、今作はジードことリクの葛藤や成長が主軸となると思われるのでそうなっているのかもしれません。(息子だから)ベリアルに似ている故に恐れられるウルトラマン、(割といつもの事だけど)超人的能力を持つ者に対しての迫害など、とにかく苦しいシーンが出てきます。

しかしリクの誠実さと正義の心が、少しずつですが人々の心に届いているのも確かです。そうやって『真のウルトラマン』になるのが今作なのかも。

次回はベリアルとも因縁深いサラリーマンウルトラマンゼロの登場!