星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

マジンガーZ / INFINITY

スーパーロボットの原典であるマジンガーZの新作劇場版が公開されました。今の時代にこんなに心が震えるスーパーロボットアニメを劇場で見られるとは!

(以下ネタバレ有り)

フルCGで暴れ回る機械獣軍団に立ち向かうマジンガー達の勇姿は、東アニの技術がふんだんに使われていて大迫力でした。『楽園追放』とか見ていた人なら納得のいく出来だったのではないでしょうか。話の都合上ダブルマジンガーが並び立つ事がなかったのが残念でしたが、その分各個の活躍は十二分! 多彩な武器を駆使して戦う様はさすがマジンガーでした。また、マジンガーZグレートマジンガーの活躍はもちろんですが、コミカルなボスボロットもフルCGで大立ち回りをしてくれました。

ストーリーに関しては「復活したDr.ヘルがミケーネの遺産である超巨大な魔神『インフィニティ』を使って世界を作り替えるという野望を抱き、それを打ち砕くために一線を退いた甲児が再びマジンガーで立ち向かう」という直球なストーリー。

劇中ではDr.ヘルやミケーネとの戦いから10年が経過しているため大人になった甲児達ですが、特に甲児は研究者となって戦いから身を引いているのでヘルが現れた時に周囲からの「再び前線に立ってほしい」という期待やさやかの「これ以上戦わせたくない」という想いを受けて浮かんだ立場にある状況。それでも世界のために戦う事を選び、立ち向かう様はヒーローと言っても過言ではないですね。ただ甲児の心理状況が他のキャラに比べてそこまでつぶさに描かれていなかった(むしろ周りが甲児を中心にして自分はどうするかと考えている描写が多く見られた)のが、少し気になりました。

それにしても、『隣接次元』(いわゆる並行世界)という設定やインフィニティという存在がとてもスパロボ向きです。おかげで「この作品がスパロボに参戦するのはいつか」というのが気になってしまいました。マジンガースパロボは切っても切れない関係ですからね!

しかし約2時間という尺が短い! (敢えてだとは思いますが)説明不足な部分もちらほら見られましたし、マジンガーの活躍ももっと見たかった。話自体はこれで完結しているのでこの続きというわけにはいきませんが、このCG技術でテレビアニメとして作られたら絶対に見ますね。そのくらい、自分は満足した作品でした。マジンガーの続編? 難しいんじゃないかな……。