星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

新幹線変形ロボ シンカリオン 第11話

今回はゴミをテーマにした話です。人間が社会を営んでいる以上、どうしてもゴミが発生する。その事に疑問を抱いた敵が掃除機型巨大怪物体を差し向けてきました。

よくある「何でも吸い込む能力を持った敵には、過剰に与えて自爆させる」という手段で倒すに至った今回ですが、それに「大切に扱えばゴミを出さずにいつまでも使う事が出来る」「誰かにとってはゴミでも別の誰かにとってはゴミじゃない」という話を盛り込んで上手くテーマを昇華させていました。でもシノブがおいしい所を持っていったのは唐突感強すぎて笑った。