星と猫の数学

さよなら文明

土曜日朝アニメ

ゾイドワイルド 第7話

デスメタル帝国に捕まってしまったアラシとワイルドライガー。アラシはそこでゾイドオタクゾイド博士として協力させられている少年オニギリと出会います。彼の知識を利用してデスブラスト用のデスメタルキーを量産しようとしていたようですが、ゾイドを苦しめるそれにオニギリが心を痛めており、見かねたアラシがワイルドライガーと共に暴れ、更にオニギリと相棒のカノンタスが活躍してその野望を打ち砕きました。

少年博士キャラはこの手の作品の王道ですが、時代に合わせてか博士というよりオタクの傾向の方が強いキャラでした。ミニコーナーでも早口になって説明する面がどう見てもオタクのそれ。

新幹線変形ロボ シンカリオン 第32話

海に行った次は山、というわけで(?)、今回はキャンプ回です。ただ今回は陽動作戦も兼ねてとの事。海回みたいなはっちゃけたネタが無いのが残念。

今回はハヤトばかりが目に見えて成長しているのに対し、そうではない自分を歯がゆく思うアキタがメインの話でした……が、ハヤトに左右を伝える*1ための手段が例によって『駅のホームの上り下り』という事もあって、ハヤトの鉄ちゃんぶりがやや目立っていました。まあ「アキタが自分でも気付かないうちに成長していた」というパターンで、決してかませ犬敵の強さに追いつけなくなってたというわけではなかったのです、ええ。とはいえ主人公がバンバン強化されていくのはメタ的には仕方ない。

ウルトラマンR/B 第7話

愛染がわざわざ変身したグルジオボーンが現れ、イサミが先に一人で戦おうとしたら何故か変身できず、といった導入から入るイサミの話でした。コマ姉、前回だけのゲストキャラじゃなかったのか。

イサミはカツミに対してコンプレックスを抱いているという心情が描かれており、それとウルトラシリーズ恒例の変身不能*2を組み合わせた話でしたが、今作だからこそ出来た展開でいいですね。イサミもコンプレックスを乗り越え、改めてウルトラマンとして活躍を期待……

と思ったら、次回はついに愛染がダメ出し二人と直接対峙する事に? しかも愛染が変身するのは黒いウルトラマンオーブ(オリジン)と、これまでの伏線を回収する話になりそうです。タイトルもオーブのOPの歌詞から引用しており、色々と気になります。

*1:特訓時にアズサがハヤトと向き合う形になっていたため左右が逆になっており、ハヤトが混乱したため正確に伝えなければいけないという伏線がありました。

*2:主なパターンとしては『変身アイテムが(紛失した・敵に奪われた等で)手元に無い』『正義の味方としての覚悟が足りないために(融合している)ウルトラマン自身が拒否』があり、今回は変則的なものの後者に当たります。