星と猫の数学

さよなら文明

スーパーヒーロータイム

HUGっと!プリキュア 第32話「これって魔法?ほまれは人魚のプリンセス!」

すっかりトラウマも克服し、フィギュアスケートの大会にも優勝したほまれ*1が、ビシンがハリーの精神を覗くために使ったアイテムのせいで人魚姫の話の世界を模したハリーの精神世界に入ってしまいました。

これまで散々描写されてきたほまれとハリーの関係が進展する(といっても仲が接近するわけではない)話ですが、人魚姫になったのは今の彼女達の関係が人魚姫のそれとダブっているからのようでした。ハリーの思い人として登場していたのはおそらく未来世界で戦っていたプリキュアと思われますが、彼女について明かされるのは果たしていつになる事やら。状況的には彼女が今どうなっているかは予想できるのですが。

ところで戦闘終了後にビシンがリストルに泣きつくというシーンがあったのですが……まさかリストルもハリーやビシンと同様に動物の姿がある(こちらの方が本来の姿?)とは。

仮面ライダージオウ 第3話「ドクターゲーマー2018」

クジゴジ堂にゲイツツクヨミが居候し、彼らもソウゴと同じ学校に通う事に……って完全にストーカーだこれ!*2 その一方でタイムジャッカーにより2016年でアナザーエグゼイドが誕生、『絶対にクリア出来ないゲーム』のプレイヤーが次々と襲われていきます。

今回はエグゼイド編の前半という事で話の中心はゲームですが、プレイしているゲームがマイティアクションXだったり、ゲーム機が幻夢コーポレーションのだったりとしっかりエグゼイドの要素は押さえていますね。しかしラストで登場した永夢がエグゼイドに変身してジオウとゲイツと戦いましたが、これについては次回明かされると思いますが現時点では理由が不明です。永夢の事なのでアナザーエグゼイドにされた人を助けるためだとは思いますが。

しかしゲイツは根っこが優しいからか、言動がどう考えてもツンデレのそれですね。否定する際に声が裏返ったりして萌え要素が(ry

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第32話「決闘を申し込む」

ゴーシュの実験体を倒すためおよびコレクションを回収するため、再びルパレンとパトレンが手を結ばなければいけない状況に(5つの金庫を同時に開けなければコレクションが回収できず、最低でも一人は協力してもらわなければならない)。しかし圭一郎は正義*3を盾に断固拒否するため、仲介役であるノエルが決闘を申し込んで力尽くでも協力させようとします。そもそも決闘自体が罪だというツッコミは野暮。

互いに譲れないものがあるからこそ対立しているという点が再び強調された話でもあり、同時に理解さえあれば手を組めるという点も示された話だと感じました。おかげで再びグッドクルカイザーVSXへの合体を果たしましたし、こういう話は今作ならではですね。

一方で、ノエルが快盗と警察を両立しているのはルパレンと同じく『大切な人を取り戻すため』なのが改めて示された事*4や、ゴーシュの持つコレクション『世界を癒そう』に対してノエルが危険視したりコグレが妙に怪しい素振り(じっくりコレクションを収納していたのに急に慌ただしく帰っていく)を見せたりして謎が深まった事など、他の伏線も強調されていました。これらがどう明かされていくのか気になります……!

*1:前回といい、この辺の葛藤を敢えてじっくり描写しないのが今作の方針のようです。

*2:しかも描写からして、おそらく二人とも制服姿をしているだけで編入してはいない可能性があります。更にゲイツは制服の上にあの妙なジャケットを装着し、ツクヨミは制服の上からケープを羽織っているという、大抵の学校なら注意されそうな格好をしていますし。

*3:コレクションの回収=窃盗はもちろん、ルパレンがコレクション回収を優先するせいでギャングラーを取り逃がし、被害が拡大したという事態が何度もあった。

*4:以前に魁利に明かした時は嘘の可能性を疑っていましたが、今回の戦闘終了後に一人で決闘の決着時の事を思い返した描写があったので、事実である可能性が強まりました。