星と猫の数学

さよなら文明

スーパーヒーロータイム

HUGっと!プリキュア 第35話「命の輝き!さあやはお医者さん?」

さあやが次のドラマの役作り*1のためにみんなと医者の職業体験をする話です。今回さあやがこの職業体験を望んだのは、役作りと言うだけでなく以前に出産の場に立ち会ったというのもあるのでしょう。

また、その職業体験で出会った女の子の母親が帝王切開で出産する事になり、女の子の隠し持っていた悩みを聞くという展開もありました。劇中ではハッキリと「母親が生まれてくる赤ちゃんにかかりきりになるのが嫌だ」と言っていましたが、これは子供が複数人になる家族が必ず抱える問題でもあります。そんな女の子をさあやは優しく諭して姉になる事を祝福していましたが、なかなか難しい問題なので現実としては個別の対応が必要と思われます。

次回は映画の宣伝のため何と過去のプリキュア達が一堂に会するという超豪華な展開! 以前に初代の二人が客演した事がありましたが、まさか他のプリキュアまで客演するとは……!

仮面ライダージオウ 第6話「555・913・2003」

フォーゼ編の後半かつ555編です。全ての行方不明事件に何故か関わっている、姿の変わらない少女。彼女を襲う草加に彼を止めようとする巧。少女の秘密およびアナザーフォーゼの変身者の目的が明らかになった時、ゲイツは全ての始まりである2003年へと向かいます。

「流れ星」という単語で二つのライダーを繋げ、そのシナリオもそれぞれの「星座(誕生日)」と「死んでから蘇る」という設定を組み合わせた展開、更に登場した巧と草加の関係も重ね合わせたストーリーにすっかり引き込まれました。誰もが自分を犠牲にして誰かを救おうとしているのに結局誰も救われない状態、それを打破したのがソウゴとゲイツで、登場人物全員が立てられていたのが本当に良かった。555のストーリーが変わったのもあってか、「嫌いだけど仲間だから助ける」という巧と草加の関係がそのままながら良好だったのもたまりません。草加の絶命シーンのオマージュはシリアスな笑いを感じましたが。

次回はウィザード編ですが、まずはソウゴとゲイツの関係に迫るようです。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第35話「良い人、悪い人、普通の人」

ギャングラーが持つコレクションの力で三人に分裂してしまったコグレを助けるため、ルパンレンジャーが奮闘します。

という事で、前回怪しげな引きをしたコグレがメインかつコミカルな展開に巻き込まれて余韻をぶっ飛ばしました。コグレを演じる温水さんの演技が光る! ただしそれを通じてコグレの心情が垣間見えるという絶妙なストーリーになっており、コグレもルパンレンジャーを利用してはいても決して悪意のみではないとうかがい知れました。このバランスはさすが香村さんといった所でしょうか。

そして巨大戦はルパンマグナムのもう一つの力である巨大ロボの活躍が見られました。その身軽さと自動で動く様、かつ銃(大砲)の姿に変形できる事からジェットマンに登場したテトラボーイを彷彿とさせます。姿こそ違いますが、ルパンコレクションが過去戦隊のアイテムをモチーフにしている事から、ルパンマグナムもまたそれをモチーフにしたとも考えられますね。

ところで今回のゲストにザ・たっちの二人が出演していましたが、劇中のトラブルは『三人』に分裂する事。一人足りないぞ!? ちょっと、ちょっとちょっと!*2

*1:昼間は女子高生、夜は医者というキャラクターらしいです。職業的な点はともかく、さあやは大人びている所はあってもまだ中学生なのに高校生役とは。

*2:もちろん、シーンの切り替えと合成で二人を三人に見せかけていただけです。