星と猫の数学

私を退屈から救いに来た、夢のヒーロー

スーパーヒーロータイム

スター☆トゥインクルプリキュア 第8話「宇宙へGO☆ケンネル星はワンダフル!」

突然星空界にやってきたひかる達は早速近くの星へ着陸、そこに住んでいる宇宙人のドギー達と交流します。挨拶も常識も違う彼らですが、ひかるの好奇心やえれなの笑顔ですぐに仲良くなります。

本格的に始まった宇宙の冒険と異星間コンタクトですが、SF的要素でありながらプリキュアらしくファンタジーな造形がなされています。そして今作のテーマである「多彩な姿は当たり前」が早速押し出されている話でした。外見でどうのこうの言ってたのはせいぜい「頭にしか毛が生えていない」というセリフくらいで、それ以外は大きな誤解や不理解もなく平和でした。

とはいえ彼らの大事にしていた『骨』が実はスタープリンセスカラーペンだったためにプルンスが強引にでも手に入れようとしていたという展開もあり、奇しくもその様相はノットレイダーと同じだったのを自覚してプルンスが反省するそしてカッパードに見せつける様にフッサフサになるという話になっていました。やはり相互理解は互いの押しつけではなく話し合いですね。

仮面ライダージオウ 第28話「オレたちのゴール2019」

ソウゴのゲイツに対する真っ直ぐな思い、ゲイツの心境の変化が強く押し出されていた話でした。ソウゴは例え対立しようとも一貫してゲイツを信じて『友』と称しており、その事を改めて知ったゲイツもまたソウゴを友として認めてアナザージオウを倒すために共闘する、実に熱い!

しかし白ウォズやスウォルツの怪しげな行動は一体何なのか、士の行動理由こそわかりましたがそれを見定めるのはどこか、気になる要素はまだ残ったままです。でも何やかんやでゲイツ達と黒ウォズの仲も進展した。

そして次回は事前に発表されていたディエンドの登場……だけでなく、何とブレイド編!? アナザーライダーが現れたらアンデッド達もいなくなる=始もいなくなるはずなのですが、何故か始が存在しており、一体どうなっているのか。

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第2話「ソウルをひとつに」

前回の重い展開から一転、コウのアホな明るく前向きな性格でトントン拍子に話が進んでいき、残りのリュウソウジャー探しも始まりました。

今作の敵怪人枠であるマイナソーは人間を素体にして生まれ、しかも放っておくと巨大化するという初要素を持っています。故に一刻も早くマイナソーを倒すか、それが出来なければ巨大戦突入と、今までの戦隊のお約束から変化した設定になっていますね。

そしてリュウソウルを使った多彩な特殊能力も面白い。今回最もインパクトがあったのはクサソウル……はい、臭い匂いを発するというアレなものでした。その他にもピンクが大幅パンプアップするムキソウルを使ったり、なかなか子供向けアピールとしてわかりやすくて面白い。そして関智一がやかましい。

巨大戦は前回に引き続きダイナミックな構図とアクションで見せてくれますが、今回は合体前のキシリュウオーのデビュー戦でもありました。1話でも見せてくれたスピーディーな戦いがやはり戦隊らしくなく、しかしそれがいい。

王道の設定を持ちつつも様々な面で新しいリュウソウジャー。とりあえず1話と2話での掴みはバッチリだったので、これからも非常に楽しみです。

スーパーヒーロータイム

スター☆トゥインクルプリキュア 第7話「ワクワク!ロケット修理大作戦☆」

前回の事から、みんなで協力してロケットの修理をする事になりました。なおひかるは邪魔者扱いで掃除をさせられた模様。

しかしAIの言う通りに効率よく動いただけではモチベーションが持たない。そこで気晴らしにひかるが描いたロケットの完成図が他の三人のイマジネーションを刺激し、その通りに修理し直そうと決意してモチベーションが復帰しました。やはり人間、効率だけでは非効率です。

そんな修理中にテンジョウがまたしてもノットレイを引き連れて襲ってきましたが、前回登場した様なノットリガーもいない状態で、4人揃ったプリキュアには当然敵うはずもなく。今作は戦闘よりも交流の方の比重を高めにしてきそうです。

そしていよいよロケットの修理が完了し、4人は宇宙へ……と思ったら、いきなり星空界へ。次回は更にいきなり他の惑星!?

仮面ライダージオウ 第27話「すべてのはじまり2009」

10年前に起きたバス事故の真相が明らかになり、更にこれ以上しろウォズの思い通りにさせまいと黒ウォズがタイムジャッカーを利用して力を奪い、ディケイドである士は何かの思惑があってバスドライバーとして乗り込み……密度が濃すぎる話でした。どっちにしろ飛流は逆恨みしてるのに変わりなかった。というか、この情報量でも士が結局何をしようとしていたのかは不明のままです。とりあえず被害者である子供達を例のカーテンで避難させたようですが……?

そして白ウォズから奪った黒ウォズが仮面ライダーウォズへと変身、ゲイツリバイブに立ち向かいます。素の能力では劣っていましたが、ライダーとして戦ったら互角以上に戦える……か?

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第1話「ケボーン!竜装者(リュウソウジャー)」

ついに始まりました、リュウソウジャー。リュウソウ族の新たなる戦士として力を受け継いだ3人ですが、ドルイドン族に襲われ先代を殺されてしまい、その意志とソウルをも受け継いで地球を守るために戦います。

兎にも角にも非常に濃い1話でした。メインキャラは一通り登場させて変身も行い、そこまではいつも通りとも言えますが、そこから先代の死亡に巨大ロボの登場&活躍、戦う動機付けを強く行うという充実ぶり。キャスト陣も特撮的に非常に豪華ですし、ロボはスマート故に身軽に動きますし、CMを見た限りギミックも面白そうですし、今作も楽しめそうです。

しかし明るい作風になるかと思ったのですが、案外重いのにはビックリしました。復活したダンスが色々持っていくのは例年通りですが!

スーパーヒーロータイム

スター☆トゥインクルプリキュア 第6話「闇のイマジネーション!?ダークペン出現!」

ロケットの修理が上手くいかず一人で思い詰めるララを、ひかるがえれなやまどかも連れて天文台に連れて行きます。思い詰めると考えが一つだけに陥りやすいので、実際気分転換は大事ですね。特にララみたいなタイプは尚更です。

さて今回はようやく今作の怪人枠『ノットリガー』の登場です。スターカラーペンを闇に染め上げた『ダークペン』で人のイマジネーションを塗りつぶし、ノットリガーを生み出すというプロセスのようです。今回はスタープリンセスのペンを使ったみたいですが、拾ったペンを使うとかもありそうですね。

ところで獅子座のプリンセスは青がイメージカラーだったのですが……2年前に青い獅子のプリキュアがいた様な。

仮面ライダージオウ 第26話「ゲイツリバイブ!2019」

アナザージオウである飛流がソウゴを恨む理由は、事故を起こしたのが「ソウゴの名前を叫んで銃を撃った女(ツクヨミ)」であり、その要因であるソウゴがバスに乗っていたせいだからというのが判明しました……って、それ逆恨みじゃないか!

とはいえそれが原因で飛流はソウゴを目の敵にし、その現場を目撃したゲイツはソウゴを倒す決意を固めてゲイツリバイブに変身し、ソウゴのあずかり知らぬ所でソウゴ自身がどんどん追い込まれています。そしてあの瞬間に何故ツクヨミがいたのか、何故ツクヨミが銃を撃ったのか、気になります。しかもちょうど10年前といえば、あのディケイドの放送年。何かしら関係すると思っていましたが、案の定事故の起きたバスの名簿に士の名前がありました。おのれディケイド!

気になる要素盛りだくさんで次回へ引きましたし、次回予告も気になる要素ばかりで、ジオウの折り返しも盛り上がってきました。

スーパー戦隊最強バトル!! 第4話「そして明日へ」

究極大サタンを復活させようとするリタですが、スティンガー達と対面した時にその理由が「正義を信じられなくなったから」という恨みだった事が明らかになりました。思えば確かにオマージュ元であるバンドーラ様も恐竜に息子を殺された恨み*1から魔女になっていたので、根っからの悪人でないのは納得です。

そして復活した究極大サタンと変わり者チーム五人の決戦は非常に熱かった! 全員が強化形態へと変身し、更に全スーパー戦隊の力を結集させた時にゴレンジャーのエンディングがかかったのも素晴らしかった。更に捕らえられていたルカ*2も別行動で活躍、最後の最後にはリュウソウジャーの二人も活躍と、盛りだくさんで大満足です。

全4話、時間的にも映画1本分、お祭りを楽しめました。次回からはいよいよリュウソウジャーが始まります。こちらも楽しみ。

*1:実際には息子であるカイが恐竜の卵を面白半分に壊した上に追いかけられて崖から落ちたという、自業自得だったのですが。

*2:もちろん顔出し出演。最近は声優としての活動が著しいM・A・Oこと市道真央さん。

スーパーヒーロータイム

スター☆トゥインクルプリキュア 第5話「ヒミツの変身☆お嬢さまはキュアセレーネ!」

今回はこれまでほとんど出番のなかったまどかのプリキュア覚醒回です。

プリキュアでは半ばお馴染みのお嬢様キャラですが、お嬢様といえばその立場を大いに利用したタイプか重責を辛く思っているかのどちらか。まどかは後者のタイプであり、偶然からフワ達の事を知った彼女は「香具矢に秘密はない」という家訓の元でフワ達を公にしようとしていました。しかしそれは彼女自身の意志が無く、ひかるに「先輩はどう思っているの?」と聞かれ、フワ達を守りたいという意志を見せた事でキュアセレーネへと覚醒しました。

おそらく初めて家訓を破り秘密を作ったまどかですが、自分の意志で行動したという事が大事。4人ともプリキュアになった事がゴールではなく、スタートです。ここからようやくスター☆トゥインクルプリキュアという物語が大きく動き出しますね。

仮面ライダージオウ 第25話「アナザージオウ 2019」

何故か倒したはずのアナザーライダーが、過去の契約者を襲っているという事件が発生、更に倒しても別のアナザーライダーになるという謎のアナザーライダーおよびその変身者『加古川飛流』の登場です。

その飛流は終盤にアナザージオウへと変身するのですが、それはスウォルツの独断であってウールやオーラが驚愕するようなもののようです。確かに他のライダーならともかく、ジオウ自身のアナザーライダーというのは存在できるものなのか、存在していいのか、非常に気になります。ようやく語られ始めたソウゴの過去も含め、折り返しに入ってまた新たな謎が続々登場してきました。

でもゲイツリバイブ登場編の前半でもあるのに、肝心のゲイツの影が薄めだったような……。

スーパー戦隊最強バトル!! 第3話「暴かれた大秘密」

ガイソーグの正体が鎧のみ(鎧が次々と強い者に取り憑いていた)と判明し、更にリタも本性を現してきました。リタの目的は、究極大サタンを復活させる事。そのためにジェムのパワーを集めていたのでしょう。

さて仙台川ですが、単独行動していたスティンガーがデカレンジャーのボスと合流し、共同で調査していました。ボスの安心感ときたら……! その後何やかんやで二手に分かれ、カグラとバトルする事になったのですが、そこでもボスの強さを堪能出来ました。ガイソーグをおびき出すために敢えて負けるという筋書きこそあったモノの、ただわざと負けるのでは出て来ない可能性もあったし、カグラ自身も手を抜かず全力で立ち向かえたのも彼の強さがあってこそ。メインではなくとも十二分に存在感を示してくれました。

次回はいよいよ最終回。復活するであろう究極大サタンにどう立ち向かうのか、楽しみで仕方ありません。

BanG Dream! 2nd Season 第9話「スクール・フェスティバル・シンフォニー」

文化祭とRASのライブの予定が被ってしまったたえ。何とか調整してどちらにも出られるようにとしますが……。なおそのRASのライブは次回のためにカットされた。

テンパりやすい彩にギリギリまで引き延ばしてもらったり、六花が即興でギターを弾いたり、Roseliaがピンチヒッターとして出てきたりしたものの、それでも間に合わず。RASのせいだとかたえの選択ミスだとかは言えません。たえがダブルブッキング状態な事をRASに言っていたとも思います。誰もが全力を出してもどうにもならなかったからこそ、有咲も何か言おうとして思いとどまったのでしょうし。主催ライブどころかポピパ自体の危機ですが、果たしてどうなってしまうのか。

しかし六花のパフォーマンスが思った以上に派手で驚きました。普段のおどおどしたイメージとは打って変わっての熱い様だったので、おそらくこれからのRAS入りはこの姿を見せるor見られる事で繋がるのでしょう。ようやく繋がりが見えました。