星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

物語の雰囲気

比較的長い物語は、最初から最後まで雰囲気を一貫させるか、あるいは冒頭から後半や終盤の展開を示唆するような伏線を明示してほしいです。

そうでなければ「最初の頃の雰囲気が良かった」「後半は面白いけど前半はつまらなかった」とかそういう感情が出てきてしまう。