星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖! / 劇場版 仮面ライダードライブ SURPRISE FUTURE

毎年恒例、夏の戦隊&ライダー映画を見てきました。以下ネタバレ感想です。

手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖

まさかフジモンがカッコよく見えるだなんて……!

城主が呪いで恐竜、もとい悪しき竜に姿が変わってしまい、城が牙鬼軍団に乗っ取られた忍の隠れ里を救うという宿題を課せられたニンニンジャーが奮闘する話でした。考え無しに行動する天晴ですが、それが良くも悪くも周囲にいい意味で「考えさせられる」行動だと言及されていたのが嬉しかったです。そのおかげでやさぐれていたフジモンもとい殿様が奮起する事になりましたし。

いつも通り30分でありながら、終始楽しめるいい作品でした。エンディングではいつものフジモンのはっちゃけ感が楽しかった!

劇場版 仮面ライダードライブ SURPRISE FUTURE

クリムがロイミュード側に寝返り世界を支配するという未来を変えるために、過去にやって来た進ノ介の息子であるエイジと現在の進ノ介が戦う話でした……が、終始息つく暇もなく目まぐるしく変わっていく展開と戦闘、そして明かされた驚きの真実にずっと手に汗握って見ていました。

個人的には、ライダー映画としては十分に面白かったのですが、去年冬のMOVIE大戦が刑事ドラマ的な面白さがあってそれを評価した分、ちょっと残念だったかなと思う所がありました。これは映画だけじゃなくてTV本編の方にも言える事ですが、致し方ないかなとも。

あと、映画を見て逆に疑問が沸いたTVのシーンが出てきました。映画内で未来が実は××だったと明かされたので、だったらTV本編で出てきたアレはいったい何だったのかと。そちらはTV本編でキチンと回収してくれるでしょうか。