星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

アイカツスターズ! 第22話「憧れへ続く道」

ゆめがCDデビューに向けて奮闘し、更に学園長によって意図的に同日となったひめのアルバムCD発売ライブを見て決意を新たにする話でした。

ローラが言っていたように、以前のゆめなら「仕方ない」と諦めていたのが今では「悔しい」と思えるようになったのは成長の証ですね。今でも憧れである事に変わりはないのですが、それでも同じステージに立った以上はライバル芯があってこそ向上できるもの。諦めてしまったらそこが限界になってしまうという事ですね。実に耳が痛い。

しかしひめも抱えていた(いる?)らしき「咳き込んで声が出ない(出にくくなる)」という症状、これは今後も響いてきそうですね。本来の意味で穏やかじゃない。