読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ドラゴンボール超 第70話「シャンパからの挑戦状!今度は野球で勝負だ!!」

何故か野球をする事になったので野球の話です。野球と言えば、アニメオリジナルですが一時期野球選手として活躍してたヤムチャですね!

とはいえほとんどのメンバーが野球に詳しくないかほぼ無知だったため、内容は荒れに荒れる事に。悟空が投げれば超剛速球(スーパーサイヤ人ブルーの力で投げたためボールがほぼ燃え尽きる)か超スロー(何故かバッターボックスまでは届く)、例えホームラン級のボールでも気弾で撃ち落としてアウト、走塁を阻止しようとしても脳筋格闘ばかりしてるメンバーだから反則レベルに至り……とにかく酷い。

その中でほぼ唯一の経験者かつプロ並みの腕前を持つヤムチャが大活躍していました……が、バッターボックスに立てばルールをわかっていないベジータにボールをぶつけられ、ルール上デッドボールなので進塁は出来たものの盗塁すれば暴力レベルで阻止され(ただしその時のバッターである悟空が打ったため走塁扱いになり、走塁妨害のため進塁成功)、再び走塁すれば今度は直接ボールをぶつけられ(これもルール上アウトにはならないので再び進塁成功)……ヤムチャが何をしたっていうんだ。

しかしそこでついに破壊神同士のケンカが起こって試合が強制終了するも、ギリギリの所でバックホームできたので見事勝利に貢献できました。ヤムチャ、転んでもただでは起きない男……!

……でも振り返ってみると、かつて『復活のF』編で天津飯に言われた事を(多分意図せず)言い返したり*1*2、バッターボックスに立って「消えろ、かっ飛ばされんうちにな」とかつての自分のセリフをセルフパロディしたり、最後にバックホームした時もサイバイマンに自爆されて死んだときのポーズだったりと、自分にまつわるパロディまみれなヤムチャでした。まあ、破壊神同士のケンカに巻き込まれながらも(しかも安全圏であるバリアの外にいたにもかかわらず)生還してたので、その時から比べれば強くなった……のかな?

*1:天津飯とチャオズは置いてきた。この戦いについていけないだろうからな」

*2:実力では既に一歩劣っていたので復活のF編で置いてかれたのは仕方ないのですが、まさかここで逆転するとは思いませんでした……野球ですけど。