星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ニチアサキッズタイム

ヘボット! 第17話「ネジささる、ゆえにヘボあり」

冒頭から誰だかわからないレベルで原形を留めていない偽者ごっこをするとか高等すぎるギャグですわ。しかも今回はヘボットの玩具に関するかなりメタい話に、お約束の偽者話を混ぜたものでした。だから冒頭が偽者ごっこだったのか。

ラストは明らかな偽者であるパチボットが無理やりネジを使った事によって、カオスどころかサイケなオチがつきました。今更だけどこれ本当に日曜朝に放送する作品か!?

動物戦隊ジュウオウジャー 第46話「不死身の破壊神」

アザルドとの決戦に向かう一方、大和の父親が務める病院が襲撃されたために大和がそちらへと向かいました。そこでバドと出会い、父親にまつわる真実が明らかになりました。

父親が母親の死に目に会えなかったのは人間界を彷徨っていたバドの怪我を治していたため、バドが大和を助けていたのは命の恩人の子供であるため。その事を知った大和は父親と和解する……かと思いきや、どういうわけかヤケになってアザルドとの戦いに赴いていました。

普通ならここでわだかまりが解消されるところですが、大和はまだしこりが残っているようです。大和の物語はどの様な着地点に至るのか。

仮面ライダーエグゼイド 第15話「新たなchallenger現る!」

永夢がゲーム病だと判明し、しかも飛彩までその事を知り、知らぬは本人のみ。どうやら劇場版でもわずかに言及していた6年前の手術によって、人類初のバグスター感染者となったようです。

そしてパラドもライダーバトルに参戦、二つのゲームが一つのガシャットに含まれたデュアルガシャットを用いて『仮面ライダーパラドクス』に変身しました。パズルゲームの力でステージに散らばったアイテムを有効活用し、格闘ゲームの力で相手を圧倒するタイプですが、ガシャットの交換をしない以上の機能面でのメリットは感じないような。レベル50と語っていたので文字通り桁違いの強さのようで、終始エグゼイド達を圧倒していました。

永夢の秘密が明らかになり、更にライダーが増え、ますます混迷を極める展開になってきました。今までならこれで中盤から後半にかけての展開ですが、今作はかなり早い展開です。息切れしないといいのですが。

魔法つかいプリキュア! 第49話「さよなら…魔法つかい!奇跡の魔法よ、もう一度!」

デウスマストとの決戦……が、まさかレインボーキャリッジの力ではーちゃんが巨大化するとは思いませんでした(ミラクルとマジカルは等身大のまま)。しかも前半10分もしないうちに決着が付くという早さ。

全てが終わり、二つの世界が再び別れてそれぞれの道を歩み出しましたが、あの楽しかった日々を忘れられない数年後のみらいが、もう一度呪文を唱えた事で『奇跡の魔法』が起き、再びリコ達と出会う事が出来ました。信じていれば、思い続けていれば叶う。そんな当たり前だけど難しい魔法をみらいは唱えられたのですね。

実にいい最終回……じゃありません。次回が本当の最終回です。内容は完全な後日談のようですが、「日常を守るプリキュア」だったからこその、普段のような話が締めというパターンなのかもしれません。