星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

魔法陣グルグル 第20話「抜け出せ!レフ島!」

レフ島編です。オープニングからこれまでと異なる雰囲気が出ていますが、それが今回の『異変』を表しているようです。次の大陸に向かうために立ち寄ったはずなのに、何故かこの島で同じ事の繰り返し。そこに現れた悪魔が「何者かが時間を止めている」と告げてきたため、何とかして脱出しようとククリ達は奔走します。

今回の話は、言ってしまえば「いつまでも変わらないでいる事」と「例え失敗や挫折を繰り返しても前に進む事」のどちらを選択するか、が重要な鍵となっていました。グルグルという物語に対してだけではなく、何に対しても言える事ですね。正直年月を重ねると前者を無意識に主張している輩が多い事に気付いてうんざりする。

……ところで今作は原作の話を2クールにまとめるためにカットしたりかなり速いテンポで進めたりしていますが、今回のレフ島編は特に改変が目立ちました。ミウチャとの出会いやレフ島によった理由がバッサリカットされてますし、『攻略本』ネタも無くなっています。それでも前後の話が繋がるよう、レフ島編でのテーマが変わらないようまとめ上げたスタッフの手腕は素晴らしい。