星と猫の数学

さよなら文明

宇宙よりも遠い場所 第11話「ドラム缶でぶっ飛ばせ!」

OPで見せていた雪焼けしているキマリが本編にも反映。晴れた日の雪原は太陽光が反射するから目の防護も兼ねてゴーグルやサングラスをするものですが、それに加えて防寒のため顔全体を覆うマスクをすれば焼けずに済む……はずなのに、前回からキマリはそれを怠ってたために変な焼け方をしたという。

さて本編は日本と通信した際に日向が友人と名乗る少女達を見てから様子がおかしくなります。彼女が以前に断片的に語った、学校を辞めた理由が関係していましたが……人間らしい知り合い達です。誰にでもいい顔しようとして結果的に誰かを傷つける。そんな彼女達に対し、日向の代わりにと報瀬が啖呵を切るシーンは胸が熱くなりました。よくあるパターンだと何だかんだで仲直りするというのが多いのですが、ここでは縁を切る事で前に進みました。これもまた大事。