星と猫の数学

さよなら文明

新幹線変形ロボ シンカリオン 第15話

物理的な距離の遠さでシンカリオンの到着を遅らせるという作戦に出た敵に対し、超進化研究所の北海道支部シンカリオン『H5はやぶさ』が駆けつける! その運転士はあのVOCALOID初音ミク』の当作の姿であり初の女の子の『発音ミク』。

という事でついにミクの登場ですが、初戦が巨大怪物体を単独撃破(というか駆けつけたハヤト達が何も出来ずに終わった)という鮮やかさで「女の子だから一歩劣る」という描写がないのがいいですね*1。クールキャラなのは喋り方に合わせた結果でしょうか(喋り方が「初音ミクに喋らせた」ような平坦気味な演技だった)。

次回は今回登場したものと同型で巨大化した巨大怪物体を相手にしますが、ハヤトが熱を出して参戦困難な状態という事やミク自身が抱える『弱点』*2もあってピンチに陥りそうですが、果たしてどうなるか。

*1:男児向け作品では女性キャラが他キャラより弱めの実力だったり、最前線で活躍する事が少なかったりする事が多い。

*2:今回(目眩のような症状)や次回予告の描写(顔が青ざめて吐き気を催している)を見た限り、重度の乗り物酔いを起こしやすい体質にも見えます。