星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

スーパーヒーロータイム

キラキラ☆プリキュアアラモード 第42話「歌えWOW!あおいラストソング!」

あおいの所属するバンド『Wold Azur』のメンバーである園部が家庭の事情でやめなければならず、あおいは彼と共に作り上げたバンド解散の危機に立たされます。その事をミサキに相談するも、以前と同じように(しかも今度は直接)突き放すような言葉をかけられてしまい、落ち込むあおい。

あおいはWild Azurが無くなる事がそのまま自身の夢の終わりだと結びつけていましたが、それは別のものだといちか達とのパジャマパーティーで気付きました。夢に向かうための手段が一つ無くなる(≒挫折する)ものの、それで止まらずに進み続ける事が大事という事ですね。2年前のプリンセスプリキュアでも『挫折』に向き合った話があり、似たような結論を導き出していました。

……ところでさりげなくあおいの両親が初登場し、あおいがこのまま音楽の道を行くのを認めましたが、同時に水嶌を立神家の後継者に指名していました。それってつまり水嶌を立神家に引き入れるという事で、つまりは……。

仮面ライダービルド 第13話「ベールを脱ぐのは誰?」

鍋島に命じて龍我に罪を着せたのはブラッドスタークと判明しました。一方で難波重工が東都政府との結びつきを解消し、ブラッドスタークと手を組むことになったため幻徳は焦りだします。

ブラッドスタークの思惑を知るために、戦兎は敢えて幻徳の指示に乗って難波重工に保管されているパンドラボックスを奪還しに潜入します。そこでブラッドスタークと対峙しますが……それでブラッドスタークの正体に確証を持ちました。

今日だけで散々臭わせていましたが、2話で見せた不思議な力やこれまでのブラッドスタークの行動にも伏線が張られていたようにブラッドスタークの正体はマスターこと石動惣一。彼の思惑が明かされるのは次回のようですが、何故彼はあんな立ち振る舞いをしたのか、非常に気になります。

そしてブラッドスタークが葛城殺人事件に関与しているという事は、戦兎の正体にも疑いがかかります。元々はチャラ男だったはずなのに、記憶喪失になったら天才物理学者となっているのはあからさまにおかしいですし、そうなると戦兎は……。

宇宙戦隊キュウレンジャー 第40話「開幕!地獄のデースボール」

今回はどういうわけか野球対決です。しかもジャークマター側が圧倒的に有利なルール(というかジャークマター側が裁定する、いわゆる『俺ルール』)のデースボール。

その卑怯な戦略にキュウレンジャー側はボロボロになり、逆転のチャンスに巡ってきたバッターは、球技が苦手なスパーダ。彼が取った秘策は、猛特訓の末にバットではなく(変身したカジキイエローの姿で)角を使って魔球を場外へ弾き返すという、文字通りぶっ飛んだものでした。

スパーダの心情を描いた、と書けばいい話ではあるのですが、やはり戦隊における野球回はイロモノになりますね。しかも野球で決着が付いた直後の戦闘では『カシオペア』『キュウレンジャーハリケーン』『トドメがボールが変化した(おかしな)物』と、ゴレンジャーをオマージュしたネタを仕込んでいましたし……これで荒川稔久脚本だったら完璧でしたというかメインライターでもある毛利亘宏さんなのが意外