星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

ウルトラマンジード 第7話「サクリファイス」

伏井出ケイ本人から直々に講演会の誘いを受けたリク達。しかし彼の書いた小説の内容が、ゼロとベリアルの戦いをモデルにしたとしか思えないほど酷似している事に気付いたゼロは彼を警戒します。そして講演会の真っ最中に、ケイは『模型』と偽って堂々とギャラクトロンを召喚する暴挙に出ました。

しかし着ぐるみの使い回しとはいえ前作のオーブでサンダーブレスターでなければ倒せなかったあのギャラクトロンが、またしても立ちはだかるという恐ろしさ。どこの次元の星が作ったかもわからない存在すら支配下に置いたベリアルの脅威を改めて思い知らされます。

そして同じベリアルの力を持ちながらもプリミティブでは全く歯が立たないジード。ケイの言うとおりに従い我が身を犠牲にしたゼロ。彼らはこの絶望的な状況をどうひっくり返すのか。次回予告で思い切りネタバレしてますが、それもまた一興。