星と猫の数学

ローグライクとストラテジーとマイナー志向で黒猫なでなでしたい

スーパーヒーロータイム

HUGっと!プリキュア 第3話「ごきげん?ナナメ?おでかけはぐたん!」

はぐたんのごきげんが良くないため、はな達は街へと繰り出しました。そこではなの母親と遭遇し、赤ちゃんの扱い方を知ります。

今作のテーマに『育児』があるため、必然的に『母親(および家族)』の存在が非常に重要なものになっています。これまでも重要な立ち位置になっている事が少なくありませんでしたが、今作は特にフィーチャーされそうですね。

その一方で、はなの「イケてる大人になる」という夢もただの憧れから「はぐたんや世界の未来のため」という目的が加わりました。そこでようやく気付いたのですが、今作のもう一つのテーマである『職業体験』は育児と共に「未来を育む」という殊に繋がっているわけですね。育児は自分ではない子供のため、職業体験は自分のため。

仮面ライダービルド 第23話「西のファントム」

北都との戦争もようやく決着がついたかと思ったら、今度は西都との戦争です。しかも西都は平成ジェネレーションズFINALに登場した『カイザーシステム』を流用した兵器を使ってきました。グリスを圧倒したかと思えば、ビルドとクローズチャージとも互角に渡り合うほどの強さ。てかまた難波重工が裏で手を回してたのかよ。

更に現れたのは西都のライダー『仮面ライダーローグ』。その実力はビルドとクローズチャージを容易くねじ伏せるほど。そんなローグの正体は……まあ、名前からわかるように西都へと身を降った地獄兄弟の末弟氷室幻徳でした。

気が休まる暇もなく次なる戦いを強いられ、更に強力な敵まで現れ、と血を吐きながら続けるマラソン状態。果たしてゴールはいつになるのか。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第2話「国際警察、追跡せよ」

ついにタイトル通りの対決が始まりました。どちらも同じVSチェンジャーを使っている事もあって、実力は拮抗しています。ルパンレンジャーがルパンコレクションの回収を優先するため*1決着を付けずに撤退、がデフォになりそう。

また、ルパンレンジャーの三人が戦う動機となった過去も明らかになりました。氷漬けにするギャングラーによって大切な人を失ったのが同期ですが……そこにタイミング良く現れたコグレが思い切り怪しいですね。まさかブラッドスタークみたいな立ち回りじゃないだろうな。

そして今回登場した『グッドストライカー』は、意志を持つ(自称)コレクションを強化するコレクション。それによってルパレンとパトレンのどちらの力にもなるという、今作ならではの立ち位置です。初登場の今回はパトレンの必殺バズーカとして初登場し、更にルパレンの巨大ロボ『ルパンカイザー』にもなるという鮮烈なデビュー。ルパンカイザーは戦隊の巨大ロボながら実に身軽なアクションを繰り広げ、実にカッコいい!

今の所、ルパレン側の描写や展開が一歩先を行っていて後追いでパトレン側が描写されている、という印象です。今後の展開次第ですが、同列扱いではなくルパレンを主人公とした物語みたいになるのでしょうか。

*1:ルパンレッドである魁利がパトレン1号の朝加の熱い正義の心を垣間見て、思う所があったのか対決を敢えて避けた、という描写になっていました。